バイクのコト

フルフェイスでの落ちないメイク方法「アイメイク編」【失敗談あり】

スポンサーリンク



ぼんじょるの!しーまんです。


今回の記事では

アイメイク

について、書いていこうと思います。


バイクに乗るときに、アイメイクだけでもちゃんとしたいです。すぐ取れないメイク方法ってあるのかな?




こんな悩み、ありませんか?


私は普段からフルメイクでバイクに乗っていますが、ポイントメイクで乗っていらっしゃる方のほうが、もしかすると多いかもしれません。



そこで今回は、私が実際やってみたアイメイクを紹介しながら、メリットやデメリットについても、お話したいと思います。


POINT

・バイクに乗るときのメイクが知りたい
・アイメイクがすぐ落ちる
・メイクアイテムが知りたい

こんな方に、おすすめの内容です。



過去、私もいろんなアイメイクで失敗してきました。失敗談もお話しますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

フルフェイスでアイメイクが落ちる原因は 風と涙です

ヘルメットをかぶっているのに、なぜかアイメイクって崩れてしまいますよね。

顔を触ったわけでもないし、どこにも触れていない、なのになぜかすぐ取れてしまうように感じます。


実はなんですが、それ

に原因があります。


ヘルメットにはベンチレーションといって、換気機能が備わっています。


それによって、空気の通り道がヘルメット内に流れていて、つまり風となって吹いているんです。

しーまん
しーまん

フルフェイスでも、めちゃ落ちるんだよね。



普段バイクで走ってると、体中に風を感じているからか、ヘルメット内の風なんて全然感じないんですが、実はビュービューと吹き荒れています。


では、風を顔面に受けると、なぜアイメイクが落ちてしまうのか・・・


ここがポイントなんです!

アイメイクが落ちる最大の原因、それは

です。



風を受けると、目が乾燥して涙が出やすい状態になります。

これは防ごうと思っても、自然現象なのでなかなか防げませんよね。



とくに私の場合コンタクトをしているので、より一層乾燥して、たぶんですけど人より涙が出てる気がします。

そこで、涙のことを踏まえてメイクをすれば、取れにくいアイメイクができるんじゃないかと考えました。


フルフェイスでも落ちにくい「アイメイク対策」

中東の女性は、スカーフを巻いている方が多く、目元しか見ることができません。

そのため、アイメイクに1番気合を入れているという話を聞いたことがあります。



ヘルメットをかぶった状態と似てませんか?

ヘルメットをかぶっていると目元しか見えないので、ちょっと似てますよね。


ということで、フルフェイスで落ちにくい「アイメイク対策」を、まとめてみようと思います。



まつ毛

まずは、まつ毛についてまとめていきます。

まつ毛エクステ

始めに言ってしまいますが

マツエクが1番良かった

です。


メイクの時間を短縮することもできますし、真夏でどんなに汗をかこうが、涙を流そうが

まつ毛が常に自然体!



今まで、いろいろなまつ毛アイテムを使用してきましたが

マツエクに勝てるものはぶっちゃけありませんでした。

できたらマツエクを1番おすすめしたいのですが、デメリットも多かった。

・サロンに通うのが面倒
・お金がかかる
・アレルギーの方はできない

などが挙げられます。



それでも、ストレスのまったくない、自然なまつ毛が手に入りますし、バイクに乗ってても、涙で取れるなんて心配もありません。



バイクにはかなりおすすめの方法だと思います。



私もお金に余裕があるときはマツエクにしますが、そうでない時ももちろんあります。

プチプラ好きの私にとっては、マツエクは高級ですからね。



そんなときのアイテムを下記で紹介します。

ウォータープルーフのマスカラ


しーまん
しーまん

私、マスカラを付けてバイクに乗ったら、パンダになりました・・・。トホホ。



過去、パンダやってしまった経験があります。

普通のマスカラだと、バイクではパンダ目になることが、とても多い印象なんですけど、私だけでしょうか。



私のパンダの原因は、冒頭でもお話ししましたが

でした。



ということで、涙のことを考えると、マスカラをする場合

ウォータープルーフ

を使用することが、何より大事でした。



そんな、涙もろい私が(ドライアイなだけ)、実際に使用して良かった、マスカラ2点をご紹介します。


メイベリン|ボリュームエクスプレス ハイパーカール ウォータープルーフN


POINT

こちらのマスカラ、使ってみるとわかるのですが、まつ毛1本1本が太くなったような自然なボリュームが特徴のマスカラです。カールの持続性も高く、長時間くるんとカールアップがされます。さらに良いところなのが水、汗、涙に強いところ。



乾燥で涙が出てくる、私にとっては、かなり最適なマスカラでした。

湿気やまばたきにも強いので、にじみにくく、バイクに乗るときにするのは、ありです。



ETUDE HOUSE| ラッシュパーム カールフィックスマスカラ


私が愛してやまないマスカラがこの、カールフィックスです。

マスカラを付けてバイクに乗ることがあれば、このマスカラを最近は使用しています。

びっくりするくらい落ちません。


POINT

こちらの商品は、かなり強力なウォータープルーフのため、普通のメイク落としでは落とすことができません。専用のリムーバーが必要になりますので、ご注意を。


ということで、リムーバーを使用しなきゃいけないくらい、簡単には落ちません。

ツーリングには、かなり最適のマスカラです。

ちなみに、リムーバーはこちら↓




つけまつ毛

つけまつ毛は、簡単にまつ毛をボリュームアップできる素敵なアイテムですが、残念ながらツーリングには向いていません。


つけまつ毛を付けて、ツーリングに行くと、乾燥や涙で取れやすくなります。

普段の倍以上取れやすい、と考えてもらっても大丈夫なレベルです。



実際つけてバイクに乗りましたが、目的地に到着してみたら片方だけまつ毛がなかった・・・なんてこともありました。


まつ毛の

「のり」を強力なものにする

という手もありますが、途中で取れてしまった時に、直すのが結構大変です。


また、「のり」の荷物も増えてしまうのも嫌だったので、つけまつ毛は私には合わないと感じました。





アイライン

アイライン、バイクに乗ってると消えてなくなりますよね。


もちろんその原因も

です。


アイラインも、ウォータープルーフを使うことが望ましいのですが、コンタクトで乾燥しきった私の涙の量ですと、ウォータープルーフのアイラインも消し去りました。



そこで、バイクに乗るときにぜひ使ってほしいのが

アイライナーコート

です。


これがものすごく優秀なのでおすすめさせてください。

アイライナーコート

アイライナーコート、これプチプラなのに優秀すぎます!



使い方は簡単、アイラインの上から、透明な液体を引くだけ。それだけで、アイラインを、消えにくくする魔法のアイテムです。


ずぼらな私には優秀すぎるアイテムなんです。


メイクキープ|アイライナーコートN


これ、朝塗ったらツーリングから帰ってくるまで、アイラインが消えなかったので、和個人的にはめちゃくちゃよかったです。


すごくないですか?この価格で、ここまでアイラインが落ちないとか、本当にコスパ良すぎます。



ただし、これ塗った直後に注意が必要。

しっかり乾かすことが大事

です。

POINT

乾かさないまま、激しい瞬きや目を見開く、などすると、瞼が真っ黒になってしまうことがあります。私は、アイライナーからしっかり乾かして、コートを付けていますが、今のところ問題なしです。焦って使うと失敗の確立が上がりますので、気を付けて下さい。




アイライナーを引く前に油分を抑える

この方法も、結構効果があったので、一応載せておこうかと。



アイシャドウをした後でも、前でもそうなのですが、油分がある状態でアイラインを引くと取れやすくなります。


そこで、私の方法で恐縮なのですが

目棒で軽く油分をふき取る

のをおすすめしたいと思います。



ティッシュでも良いのですが、細かいところまで手の届くので私は綿棒を使用しています。

取れやすい方は、ぜひ一度試してみることをおすすめします。




まとめ|フルフェイスでのメイク「アイメイク編」

今回の記事では

落ちにくいアイメイク

についてまとめてみました。



バイクに乗るとすぐ取れるからメイクは難しいと言われてきましたが

取れにくいアイメイクできます

しかも、使ってるコスメがすべてプチプラなので、メイク落ちが気になる方は、ぜひ試してみてください。


このお値段で、取れにくいアイメイクができるなら、これからどんどんお化粧してバイクに乗れますよね。



まだバイクに乗り始めたばかりで、お化粧難しいと思っている若葉ライダーさんにも、参考になれば嬉しいです。


若葉ライダーさんの場合は、これからどんどん自分なりのバイクメイクができてくると思いますので、最初は取れてしまったり、よれてしまっても大丈夫ですよ。



この記事が悩んでいるライダーさんの参考になれば嬉しいです。


それでは、今回はこの辺で。良いバイクライフをお過ごしください。



最後まで読んでくださってありがとうございました。
ちゃお~


スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました