愛用アイテム

【NASAが使用する宇宙服素材】薄くて軽い”発熱&断熱ジャケット”「フェアリーノヴァ2」を試した。


ぼんじょるの、しーまんです。

しーまん
しーまん

冬のバイクって辛いですよね。
皆さんは何か対策をしていますか?

私はというと、ジャケットやグローブを冬用に替えたりネックウォーマーをするくらい。真剣に冬のバイク対策をしたことってこれまでほとんどないかもです。

しいて言えば、インナーを防風のものに替えてしのいでいます(笑)

ちなみにこのインナー、めっちゃ暖かくてもう何年も愛用しているもの。今日まで真冬といえばこのインナーにずいぶんと助けられてきました(笑)

インナーについては下記で記事にしているので、興味のある方はこちらもぜひチェックしてください。


さて。そんな冬対策を怠っていた私ですが、ついについに「電熱ジャケット」デビューをすることになりました!

今回は、販売元であるRasical(ラシカル)様より "NASAも使用する断熱素材"を使ったジャケット「フェアリーノヴァ2」をご提供いただいただきましたので、このブログでも早速ご紹介&レビューをしていこうと思います。

ちなみに今回ご紹介する「フェアリーノヴァ2」は、なんと超多機能ジャケットなんです!

  • 断熱
  • 防水
  • 防風
  • 発熱(電熱機能付)

ライダーの方には、嬉しい機能もりだくさんの "最強あったかジャケット"となっています。

また、寒がりで何着も着込んでいる方アウトドアで暖かく過ごしたい方にも嬉しい機能がたくさんありますので ぜひジャケット選びの参考にしていただければ嬉しいです。

ラシカル公式サイトを見る



動画で見たい方はこちらもどうぞ


実際に着用した様子などを動画にしています。ぜひこちらも合わせてご覧ください!




スポンサーリンク

フェアリーノヴァ2ってどんなジャケット?

こちらがフェアリーノヴァ2。一見、そこらへんで売っている普通のジャンバーに見えなくもないけれど、その性能はかなりハイスペック。

  • 断熱
  • 防水
  • 防風
  • 発熱(電熱機能付)

ハイスペックなゆえ、価格は39,840円とやや高価かな?という印象です。

冬のバイクジャケットの値段と大体同じくらいとすると、この4大越冬項目(断熱、防水、防風、電熱の温かさ)がどれほどのものなのか?バイクに乗っていてもちゃんと機能するのか?そこはしっかり確認しなければ、バイクで使用することなんてできませんよね。

千葉県の海岸は風が吹き荒れていた

ということで、今回「フェアリーノヴァ2」を着て ワタクシ暴風吹き荒れる冬の千葉県の海へ1人プチアウトドアをしに行ってきました(笑) めっちゃ寒い日を狙って行ってきましたので、思う存分レビューさせていただこうと思います。

発熱×断熱で寒さ知らず


千葉県へバイクを走らせていた頃の気温がだいたい7℃~8℃くらい。バイクに乗っているので体感温度はそれよりも低かったと思われますが、フェアリーノヴァ2を着ていると不思議と全く寒くない。

「温かい」というよりは「寒くない」という表現のほうが体感的には近いかな?と思います。真冬のバイクに乗っていても全く寒さを感じなかったのは驚きです。

出典:ラシカル

ちなみに電熱(発熱)の温度は4段階に調節ができ、バイクで走行するときは日が昇っている時間は43℃に。夕方以降は48℃に設定していました。

53℃まで使用せずに真冬のバイクに乗れるなんて正直予想外の展開(笑) 先ほども言いましたが「温かい」というよりは「寒くない」。


また、モバイルバッテリーは市販のものでOKというのも嬉しい点。例えば、ワークマンの発熱系は専用のバッテリーを購入しなければ使えません。専用のバッテリーを購入しなければいけない…という時点で買わない人けっこういるんじゃないかな?(それ私!)

ということで今回は、普段使っているアンカーのモバイルバッテリーを使用しました。


また「寒くない」というのはバイク走行の時の話で、バイクに乗っていなければフェアリーノヴァ2は「まぁまぁ暖かい」です。

海岸でラーメンを食べたりうろうろしたりしていると、冷たい風が吹いていても「発熱(電熱&断熱(保温)」のおかげで少し汗ばむくらいにはなりました(笑) なので海岸には3時間くらい滞在していたけど、実際に電熱(発熱)をONにしていたのは1時間くらい。


バッテリーはわりともつけど…

フェアリーノヴァ2ってどれくらいバッテリー持つんだろうか?

私は10,000mAhのバッテリーを使用しましたが、43℃以上に設定するのを想定すると1日中ずっと付けておくのは難しいかな?と感じます。(真冬のバイクだと43℃以上に設定することが多いと思われる。)

この日電熱を使用したのは、バイクで約4時間(43℃~48℃)と海岸で約1時間(38℃)。

家に帰った時にはバッテリー残量1だったので、モバイルバッテリーで長時間発熱し続けるのは難しいかな?と。(バイクからの給電ならいけるかも?)

とはいえ、一度発熱してしまえば保温性能も抜群なので 発熱させなくても温かさを維持してくれます。真冬の北海道ツーリングなんかじゃなければ十分温かいです(笑)

背中はとても温かかった



-196℃でも凍結しない断熱素材


というのも、フェアリーノヴァ2には「ヒートエーテル」というNASAが宇宙空間で使用している断熱材が使用されています。このヒートエーテル、なんと‐196℃でも凍らずに断熱をしてくれるすごい素材とのこと。

出典:ラシカル


-40℃と-20℃で検証した結果が公式サイトに掲載されていました。

「過酷な環境下でも暖かい温度が維持できていますよ」という図ですね。いやいや、-40℃下で18℃以上維持できてるのがもはやすごい!



真冬にバイクで走っても寒くないという時点で、なかなか高性能な防寒ジャケットだといえます。


防風素材でバイク走行がラク


さて。フェアリーノヴァ2には防風機能も備わっています。

出典:ラシカル

防風素材というと 生地が厚かったりゴワつきを感じるものが多い印象ですが、フェアリーノヴァ2はなんと薄さ1mm!

ゴワつきも全く感じられないので、言われなければ防風ジャケットだなんて誰も気づかないレベル。


冬はどうしても重ね着をして着ぶくれしてしまうという方にも嬉しい仕様ですよね。

そしてこの防風性能があまりに優秀で、ワタクシぶっちゃけおったまげました(笑)

暴風吹き荒れるアクアラインでもジャケットはバタつかない

上の画像は、8メートルの暴風が吹き上げる東京湾アクアラインの橋の上を走行している私です。ジャケットが全くバタついていないのが分かるかと思います。

全くバタつかないので運転がものすごく快適!あまりのバタつかなさに、思わずニヤニヤしてしまったくらい(笑)

また、袖や裾から風が入ってくるのを防ぐ嬉しい機能も。

袖に指を通せば風の侵入を抑えられる
裾も絞ることが可能

こういった細かい場所にも気配りが感じられますよね!

私が千葉へ訪れた日は海岸もかなり暴風が吹き荒れていたので、防風効果に関してはものすごく効果を感じることができました。


防水レベルが半端ない


この日 超晴天に恵まれた千葉県には雨粒一つ落ちてはきませんでしたが、軽く防水を試してみようと持っていたペットボトルの水をかけてみることに。

え…?なにこれ…?と思わず言ってしまいそうになるくらいの撥水力に、ワタクシ度肝を抜かれました!

出典:ラシカル

なんと、耐水圧は50,000mm!(第三者機関で実験をされたようです)傘の40倍もの耐水とのことなので、急な雨や雪でもヘノカッパでしょう!

また、表面生地は防汚加工もされているため汚れにも強く アウトドアにも最適です。


また、ファスナーはポケットも含めすべて止水ファスナー!

YKKファスナーでストレスもゼロ

ただ、バイク走行に関しては止水ファスナーであっても浸水してきてしまうこともあるので「急な雨の時にはいいよね」くらいの気持ちでいるほうがいいかもです。


フードは収納可能


フェアリーノヴァ2はフードを収納することができます。ジャケットとしてもパーカーとしても使うことができるのは嬉しいポイントです。

この日はフェアリーノヴァ2の下にパーカーを着ていたので、フードを収納して走行することにしました。

フードが重なると見た目も着心地も悪いので(とはいえ、行きはフード出しっぱだったけど)個人的にはものすごくうれしい機能!

世の中にあるすべてのジャケットよ…真似したまえ(笑)


ライダーに嬉しいポケットの紐


多くのライダーが歓喜の声を上げて喜ぶあれ。
そう、ポケットの紐(笑)

たかが紐。されど紐。

ヘルメットをしていてもポケットをすんなり開けることができるこの紐は、ライダー視点からしたらなくてはならない大切な機能です。

フェアリーノヴァ2には標準装備でこの紐がついてきます。ありがとう!!


USBがついたまま洗濯もできる


一体どういう仕組みなのか私の頭では到底理解できそうにないのですが、なんとUSBがついたままお洗濯も可能だそうです。

電熱機能だけでなく防水機能までもがついているジャケットを、洗濯機に放り投げるなんて…常識では考えられないことが起こりました。

  • 水温は30度以下
  • 柔軟剤や漂白剤は使えない

などなど制約はあるものの、注意事項を守ればお洗濯も可能なのだそう。

私は実験のため洗濯機に入れてみましたが、汚れにも強く耐水機能もかなり優れているので まぁ汚れてしまったら軽く水で流す程度で大丈夫かと思います。



フェアリーノヴァ2を実際に着てみて思ったこと

さて、ここではフェアリーノヴァ2を着てみて思ったことを正直につらつらと書いていこうと思います。若干というかだいぶライダー寄りの視点になると思いますのでご承知おきを(笑)

サイズ感


私が今回着ているサイズはレディースのSサイズ。ちなみに色は黒を着ているけど、黒というよりはグレーに近い色でした。

他に青色もあった

148cmがレディースSサイズを着ると見た目はこんな感じ。袖は長めだったのでたぶんとても丁度いいサイズなんだけど、中にHYODの防風パーカー(ちょっと厚めのパーカー)を着ていたからか 少し動きがきつかったです。

なので、中に厚手の服を着るのであればワンサイズアップでも良さそう!

ただ、ライダーの皆さまは フェアリーノヴァ2の上からライダースジャケットなどを着ることも想定しているかもですよね?そう考えると普段のサイズでもいいのかも。サイズは好みがありますので難しいですよね。

ラシカルさんでは、フェアリーノヴァ2のレンタルもしているそうなので 購入前にレンタルをしてサイズを決めるのも良いかもしれません。


プロテクターを入れるポケットが欲しい


フェアリーノヴァ2の性能であれば多くのライダーさんにも受け入れられると思うんですよね。

だからこそ欲しい!
プロテクターポケット!!


バイクに乗ることを想定して作ったジャケットではないので仕方ないのですが、プロテクターなしで走るのはやっぱりかなりドキドキ。プロテクターを装備してくれ!とは言わないので、ポケットだけでいいから作ってほしいかも。膝と肘と肩と背中?

ポケットさえあれば手持ちのプロテクターを入れて走れるので。フェアリーノヴァ3で改良されてたらいいなぁと個人的に思いました(笑)


まとめ|宇宙素材のジャケットは真冬でも寒くなかった

今回の記事では、"NASAも使用する断熱素材"を使ったジャケット「フェアリーノヴァ2」についてご紹介&レビューしてみました。

ダウンのような温かさはないけれど 不思議と寒くないというのが正直な感想です。

真冬にバイクで走行していても、真冬の海でアウトドアをしていても驚くほど寒くないジャケットでした。また、防風機能や防水機能は想像よりもはるかに優秀。バイクでもアウトドアでもかなり重宝するジャケットではないかな?と思います。

ハイスペックな素材ゆえ、お値段がちょっとお高め。なので購入する前にレンタルしてみるのも良いかもしれません。

この記事がどなたかの参考になれば嬉しいです。

それでは、今回はこの辺で終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました!
ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました