バイクのコト

冬の防風インナーは『おたふく手袋』で決まり!感想&レビュー!超あったかいです

スポンサーリンク

ぼんじょるの!しーまんです。

突然ですが、バイクに乗るときに下着はどうしていますか?

普段用の下着?
コンプレッションウエア?

バイクに乗り始めたころ、コンプレッションウエアの存在を知らなかった私は、普段の下着でバイクに乗っていました。

普段の下着は運転しにくい

普段使っている下着はバイクには向いていません。

スレて痛かったり、動きにくかったりするので断然コンプレッションウエアがおすすめです!



各社様々、たくさんのコンプレッションウエアが出ていますが、ついに運命のコンプレッションウエアに出会ってしまいました!



それがこちらの
おたふく手袋〈ボディータフネス〉




ずっと冬のインナーで、しっくりするものを探してて(夏も探してるんだけど)やっと出会たのが、このインナーです。

見た目はすごいサイボーグ感がありありで、なんだか怪しげですが、大当たりインナーでした。


バイク専用とか、バイク用品として出してる商品ではないんですが、おすすめです。



こちらのコンプレッションウエアを 実際4か月履いてみたので、レビューと合わせて、おすすめのインナー選びについてまとめてみようと思います。


スポンサーリンク

冬インナーのおすすめポイント

まず、インナーを選ぶ基準として

バイクに乗ることを想定して選ぶ

ということが、1番大切です。

バイクに乗ることを考えて選ぶとすると、どうしても外せない条件が出てきます。

・暖かさ
・薄さ

・動きやすさ

です。

以前、冬のインナーを探していた時に、とにかく

暖かければそれでいい

と、何も考えずに暖かさを求めていました。


実際、その暖かいと言われていた商品を使ってみたところ、暖かくないし動きにくいし全然よくない!という苦い経験をしたんですよね。



バイクに乗ることを想定すると

暖かいだけじゃダメ

ということに気が付きました。


その点も踏まえて、おすすめのインナー選びついてまとめてみます。




冬インナーには防風が重要!

まず、冬インナーで大切なことは

走ってる状態で暖かいかどうか

です。



バイクが走ってる状態で暖かくないと意味がありません。

バイクに乗っていて寒い原因は、やはり風です。


乗っていることを想定すると

冬インナーに防風は欠かせない

と思いました。


こちらのおたふく手袋のインナーは、防風にとても力を入れています



キャッチコピーは

風を打ち砕け。

この、テカテカの部分

白戦の部分が防風になっています。

こんなに広範囲が防風になっているのは嬉しい点です

しっかりあたたかさを感じます。



バイクに乗るにあたって

風を防いでくれる=あたたかい

というのは、1番理にかなっているのではないでしょうか。


そして、このおたふく手袋は生地が2層構造となっていて、裏地もしっかりついています。

裏地はなんと起毛です


触り心地もすごく優しく、肌触りも快適。


裏起毛はなにより暖かい

この点においても、暖かさを追求してありがたい点だと思いました。




意外と大切!冬インナーの薄さ

もう一つ、外せない点なのが

インナーの薄さ

です。



このおたふく手袋は、防風であるにもかかわらず、生地がものすごく薄いです。

はじめて触ったとき、これはもしかしたら期待できないかもしれない…と思ったくらい薄い生地でできています。


インナーなので、この上からパンツを履きますよね。

なので生地が厚いと、普段のパンツが窮屈になってしまったりするのですが、おたふく手袋は見事に薄いので、その心配もいりません。



スキニーのジーンズでバイクに乗ることもあるのですが、スキニーも履けちゃいます。

やっぱり

好きなパンツでバイクに乗りたい

ですよね。



このインナーでしたら、タイトなレザーやスキニーも余裕で履けてしまいます。

なおかつ、防風であたたかい。



でも、薄いだけでは耐久性も心配ですよね。

4か月間、ショートからロングまであらゆるツーリング時に履いていましたが、破れたりなどは全然していません。


つど、洗濯機で洗濯をしていますが、もちろん大丈夫です。


むしろしっかりした生地でできているので、耐久性に関しても全く問題がないと思います




インナーに動きやすさは大切!

バイクに乗ってみると意外と動きやすさが大事なのがわかります。


とくに個人的に欲しいと思う機能が

ストレッチ素材

です。

伸縮性があるかないかでは、バイクの乗り心地に大きく左右します。



とくに身長がないので、足を着くときなどで、人より大きな動きをしなければならなりません。


そう考えると私にとってストレッチ素材というのはとても重要だと考えました。
この点においても、おたふく手袋はしっかり対応してくれています。


こんなにしっかりストレッチが効いていて、かつとても柔らかい素材。

乗車時もインナーが全く気になりませんでした。



防風のもので、ここまで伸縮性があるというのは、本当に助かります。

バイク専用ではないのに、ライダーのことをすごく考えて作っていただいたかのような品質ですよね。


バイク用インナーにNG!発汗して発熱するタイプはダメ


これは、私の失敗経験なのですが

ヒートテックはバイクに不向き

という話。



ちまたでよく売っているヒートテックや暖かいインナーは

発汗➡汗で発熱

というタイプが多いんです。



実際、あたたかいですし薄いですし、着心地サイコーなので私も実生活で愛用しています。

ですが、よく考えてみるとバイク向きでないんです。

なぜかというと

冬のバイクでは汗をかかない

から。


汗をかかないと暖かくならないということは、バイクに乗っている時は暖かくなることはないんです。



実はなんですが、バイクのインナーとして使っていたことがあったんですよね。

でも、全然あたたかくないので、あれ?と思った苦い経験があります。



しかも、買ったタイプのものがすごく暖かいタイプの『極暖』のもの。

極暖は通常のものより厚めにできているので、スキニーとかで履くと結構窮屈で

むっちむちの下半身

となってしいました。



普段、生活において着る分にはものすごく暖かいんです。でも、バイクだとそれほど暖かくはなりません。


バイクに乗るうえで大事なのは

防風➡保温

です。


汗をかいて発熱するタイプのものは、効果が薄いので、購入するときは気を付けてください。




他にもあれば嬉しいインナーのポイント

他にも、

あればさらに良い

という機能もあります。

例えば、このおたふく手袋の商品に関していえば

消臭機能

がついています。


しかも、スピード消臭

スイトールCというものが使用されていて、消臭スピードが使用されてないものと比べて早い。



インナーですから、下着と同じ状態ですし消臭は大切です。

消臭機能がついていれば、汗などの臭いも取り除いてくれて、快適に過ごせます。



自宅のお洗濯で消臭効果が回復するのもうれしいですよね。


そして、あればさらにうれしいポイントのひとつが

プチプラ

です。


効果があるものは、それなりにお値段がするのは当たり前。私たちも、効果のあるものには一定の対価を払うことに躊躇はしません。


このおたふく手袋に関しては

効果があるのにプチプラ

もう、これはまさに

究極のコスパインナー

かも。


安心安全の日本製にもかかわらず、このお値段で購入できるのは本当に驚きです。


実際私も、このお値段だからちょっと試してみよう!というのができました。試してみたら、お値段以上のコストパフォーマンスで、もう冬インナーはこれで十分です。



アンダーだけ購入したので、今度は上も購入してみようと思います。





まとめ|バイク用のインナーに防風は欠かせない

今回は、私が愛用しおすすめしている

おたふく手袋〈ボディータフネス〉


のご紹介とおすすめのポイントについて記事にしました。

あわせて

冬インナーの選び方

も、お伝え出来たかと思います。

・暖かさ
・薄さ
・動きやすさ

この3点はバイクを運転するうえで欠かせないポイントです。

暖かさだけ追求すると、バイクでは暖かくないという落とし穴にも注目です。



おたふく手袋の ボディータフネスは、2020年さらに改良した新製品も出ています。
これから夏に向けて

クールタイプのインナー

にも注目ですね。

売り切れる前に購入して、またレビュー記事を書こうと思っています。

欠点はないの?

と思う方も多いと思います。

あえて、欠点を言うならば

デザインがいまいち

かな?


この商品に関しては女性用が出ていないので、女性寄りのデザインではないのが少し残念でした。


ちなみに

Sサイズ ➡ 身長155-165cm

となっているので、女性はSサイズが良いかと思います。

イエローのラインをピンクとかにすると可愛いですよね。


でも、おたふく手袋のほかの商品を見てみると、女性用にピンクを使っているものもありました。



それに、インナーですから誰からも見えません。

デザインはあえてカワイイを求めなくても良いと私は思っています



それよりも、このコストパフォーマンスでこれだけの素晴らしい商品に出会えて本当に良かったと思っています。

インナー選びに悩んでる方のお役に立てれば嬉しいです。



最後までご覧いただき、ありがとうございました!
ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました