旅行のコト

【大人の伊豆旅行】オールインクルーシブの宿「ふたり木もれ陽」が最高だった

スポンサーリンク


ぼんじょるの、しーまんです。

以前からずっとずっと行きたかったお宿に、念願かなってこのたび行ってまいりました。
そのお宿が

ホテル ふたり木もれ陽

めちゃくちゃ素敵なお宿だったので、今回ブログでもご紹介させていただくことにします。


この記事では、主にこのお宿全般に関してお伝えしていきます。
お料理とお部屋に関しては、別記事で書いていますので、是非合わせてごらんください。



動画でご覧になりたい方はこちらをどうぞ!



スポンサーリンク

ホテル ふたり木もれ陽|予約

しーまん
しーまん

コロナが落ち着いたらゆったり旅行にでも行きたいねー

なんて、完全自粛していた2020年4月ごろ、女友達と温泉計画を立てたのが、この宿を知るきっかけに。


ですが、私たち凡人からするとめっちゃ高級なお宿の部類だったので「コロナ禍だけど頑張って働いて、いつか絶対行こうね」と、それを目標に日々過ごしていたわけです。


そんな時に旅行代金を補助してくれるGoToキャンペーンの話題が政府から出たんですよね!

私たちの住んでる東京都は、最初は除外となったものの、秋の旅行はできるということだったので、さっそく予約を取ることにしました。


部屋が全然空いてない

どの部屋も、まるで空いてないんです。

支配人さんのブログによると、東京のGoToが決まってからドドドと予約が埋まり始めたらしく、泊りたい部屋はもちろん違う部屋も4か月以上先まで埋まっていました。


ちなみに予約状況は下記から見ることができますよ。


あきらめずに毎日予約を状況をチェックしていたところ、ポツンと空きを発見!
しかも泊まりたかったお部屋。

1日1組限定|露天風呂・岩盤浴付き プレミアムスイート

というなんとも高級そうなお部屋。
まぁ本当に高いのですが(笑)

ということで、今回はこのお部屋を利用することに決まりました。

キャンセル料金は2日前から

予約したいのに全然空いてない・・・とあきらめかけてる方がいらっしゃいましたら、ぜひ参考にしていただきたい。

あきらめちゃダメです(笑)

ちなみにですが、ふたりこもれびさんのキャンセル料は2日前からかかってきます。

なので、けっこうギリギリにキャンセルする方がいたりもします。部屋のこだわりがないのであれば、わりとポンと空きが出るので、あきらめずにチェックすることをおすすめします。


ホテル ふたり木もれ陽|チェックイン

最寄り駅は、JR網代駅。
網代駅を利用する方は、予約の際にお伝えするとホテルで送迎してくれます。

しかもお迎えは、高級車エスカレード!



ちなみにホテルの場所はこのあたりです。

意外と、海の見える絶好のワインディングロードが近くにあるので、この記事を見てくださってるライダーさんなら通ったことがあるかもしれませんね。


私たちは伊東駅までサフィール踊り子号で行ったため、タクシーでホテルへと向かいました。
伊東駅からは15分くらいだったと思います。タクシー料金は2000円程。



サフィール踊り子乗車の動画もあるので、興味のある方は是非こちらもご覧ください!



ということで、到着!

駐車場のエントランス
奥には送迎用のエスカレードが止まっています


写真を撮る暇さえもなく、ホテルへ招き入れられました(笑)

感染症対策はバッチリ
フロントは1階

検温と消毒をして、エレベーターでフロントまで下りていきます。
ということで、駐車場はどうやら1番高い階にあるみたいです。

フロントのそばにあるふかふかのソファーで、チェックインのお手続きや地域共通クーポン券の引き渡しなどを行います。

ホテルのフロント


とってもゴージャス!!
シャンデリアを見つめてしまいます。

ウェルカムドリンクのシャンパン
一口サイズのお菓子

ウエルカムドリンクのシャンパンと、お菓子をいただきました。
旅の疲れが吹き飛びます。



オールインクルーシブの宿

「オールインクルーシブ」ってご存じでしょうか。


海外やリゾート地では、わりとおなじみのシステムなのですが、滞在中に支払いを気にすることなくゆっくりとホテルライフを楽しんでもらえるようにということで誕生しました。



つまり、ほとんどのものに追加料金はかかりません。



例えば、冷蔵庫の中の飲み物、お食事のときのドリンク、バーでのひと時、ルームサービス・・・などなどすべて料金に含まれています。


今回泊まったこのお宿でも、このオールインクルーシブを採用しているので、気兼ねなく贅沢で優雅に過ごすことができました。


お部屋の冷蔵庫

このお宿、お部屋に冷蔵庫が2つあります。

1つがこちら

上段にはハーゲンダッツ。
(夕食までに食べておくと、おかわりがもらえるそうです)

下段にはお水とポカリスエットが入っています。
たくさん温泉に入るので、ポカリは嬉しいですよね。



もう一つの冷蔵庫には

銘柄の違う瓶ビールが2本と、シャンパン。
炭酸水などが用意されています。

もちろん、すべて無料です。


ルームサービス

このお宿、ルームサービスも充実してるんです。

スパークリングワイン・自家製ピクルス・生ハム・チーズの盛り合わせ

これは、夕飯の前に頼んだもの。
お部屋まで届けていただけるのは本当にありがたいです。

ルームサービスのビールを飲みながらmotoGP観戦

この日は日曜日だったので、私はmotoGPを見ながらルームサービスするという最高な時間を過ごさせていただきました。

ちなみにメニューはこんな感じ。

めっちゃ豊富ですよね。

ちなみに私のおすすめは、ジントニック・自家製ピクルス・生ハム・おそうめんです(笑)


お食事とペアリング

もちろん、お夕食の際のドリンクもフリーです。

「お食事に合わせてお酒をお願いしてもいいですか?」
と伝えると、ソムリエさんがお料理に合わせてペアリングしてくださいます。


下記の動画で、その様子がわかるかと思いますので是非ご覧ください。
(ペアリングシーンから再生できます)

夕食時は5杯も飲んでしまいましたが、バトラーさんも少量ずつ注いでくださるので、酔っぱらうことなく、楽しい時間を過ごすことができました。


まぁ、私はけっこうな酒豪なので、お部屋に戻ってからルームサービスでまた3杯ほどひっかけましたが(笑)


バーラウンジ

レストランの上に、ラウンジスペースがあるので、そちらでもドリンクをいただくことができます。

頼めるのはルームサービスと同じドリンクのようだったので、コロナ禍のご時世ということもあり、お部屋で頂くことにしました。


ということで写真はありませんが、ホテルのHPからお借りすると、こんな雰囲気だそうです。

これはこれで雰囲気があって素敵です。

次回は利用してみようかな?と思います。


ホテル ふたり木もれ陽|魅力は早朝

こちらのホテルは全室オーシャンビュとなっていて、天気が良ければ初島はもちろん大島まで見ることができる絶景です。


そして何と言っても1番の魅力は、日の出。

お部屋から見た日の入

この日の日の出はAM6:19ということで、この写真はAM6:40くらいにお部屋から撮ったもの。

朝焼けが最高に美しいですよね。



この絶景を見るためにまた訪れたいとさえ思ってしまう。
それほど、美しい。

今回泊まった部屋は、1日1組しか泊ることのできない「プレミアムスイート」というお部屋。その部屋だけに付いている、露天風呂から見た景色が上の写真です。

言葉にならない美しさ・・・。



プレミアムスイートの詳しい記事は、下記から飛ぶことができますよ。


この絶景を見るために、また行きたいとさえ思える
それほどまでに、素晴らしい時間でした。


ホテル|ふたり木もれ陽|お部屋

今回、1日1組限定のプレミアムスイートに宿泊してきました。

このお部屋に関しては、別記事で書いていますのでそちらをご覧ください。


かなり贅沢なお部屋だったので、1泊じゃ全然足りません。もっともっと頑張って、次回は連泊したいな、と野望だけは持っていようと思います。

とはいえ、お部屋の内装などはどの部屋もほとんど変わらないので、ほかのお部屋も同じくらい素敵ですよ!


お部屋の記事では、一緒にお食事のことも書いてありますので、是非参考にしてみてくださいね。


まとめ|オールインクルーシブ最高

ホテルふたり木もれ陽について、今回は書いてみました。


とにかくオールインクルーシブがすごい。
たしかに、それなりにお宿が高めの設定。

なので、お得というわけではないかもしれませんが、現地でさらに料金がかさむということがないので、安心して楽しむことができました。

また、お食事のときにペアリングしていただけるのは、かなり魅力的です。


お酒をあまり飲まない方には、少し高いかも?というか勿体ないなぁ・・・と思います。

お酒が好きで、滞在中好きなだけ楽しみたいという方には本当におすすめなので、是非「ホテルふたり木もれ陽」チェックしてみてくださいね。



ということで、今回はこの辺で終わりです。

最後までありがとうございました!ちゃお~




#ふたりこもれび

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました