栃木

ツインリンクもてぎ からの「渋滞回避ルート」【motoGPで使える抜け道です】

スポンサーリンク


ぼんじょるの!しーまんです。

motoGPの日本グランプリが終わった後、車とバイクでめっちゃ渋滞するやつ、回避できないかな?バイクだとクラッチがつらいよ・・・


ということで、

ツインリンクもてぎからの渋滞回避ルート

をこっそり伝授しますね。

instagramのストーリーからの写真


motoGPが大好きで、日本GPは毎年「ツインリンクもてぎ」までレースを見に行ってるんですけど、

決勝後の渋滞マジ半端ないって!

という感じで、鬼渋滞します。

宇都宮方面も水戸方面も、どっちもやばいですよね。

車ならまだ我慢できるんですけど、バイク(特にミッション)だと、確実に左手が死んじゃいます。

それから、ドゥカティは熱でも死んじゃいます。



とにかく、楽しいレースの後には

死が待ってる

といっても過言ではないくらいの、渋滞が待っているんです。

しーまん
しーまん

渋滞が、まじで嫌いです。なので、抜け道必須なんですよね。



そこで今回は、私が毎年使っている、「渋滞の抜け道」が本当におすすめなので、共有したいと思います。


また、ツインリンクもてぎは、motoGPだけではなく、たくさんのレースやイベントが開催されているんですが、その際の渋滞回避にも、使えますよ。


TARGET

✓ 常磐道を使っている
✓ 宇都宮方面に行きたい
✓ バイクで渋滞にはまりたくない

初めてもてぎでレース観戦する

という方には、少し参考になるかな?と思いますので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

ツインリンクもてぎから渋滞する理由

さてさて、まずは「ツインリンクもてぎ」の場所ですが、ここらへん。

栃木県茂木町にある、サーキットですね。

運営は鈴鹿サーキットと一緒で、株式会社モビリティランドが運営しています。

鈴鹿サーキットと同様、遊園地も併設されているテーマパーク感あるサーキットなので、大人も子供も楽しめます。


motoGPのあとって異様に渋滞するけど、なんで??


この質問にお答えするならば、それは

世界最高峰の二輪レースだから

が1番の答えではないかな?と思います。

instagramのストーリーからの写真



そして、近年は日本人ライダーの活躍もあって、来場者数も年々増加傾向にあるとのことで

【3日間の来場者数】

2019年 8万8,597
2018年 9万6,425
2017年 8万9,501
2016年 8万8,472

こんなに多くの方が来場しています。

確かに、毎年めちゃめちゃ混んでるの納得。



2019年は台風の影響でいつもより減少傾向ですが、それでもすごい数の人がサーキットに訪れているんですね。

この3日間の人数のうち、5万人ほどが決勝に集結するということなので、渋滞するのは自然なことなのかもしれません。


また

・「宇都宮方面」→ もともと交通量が多い
・「水戸方面」→ 片側一車線の道路しかない

ということもあり、大渋滞になるのではないかと考察です。



それから、ツインリンクもてぎは、様々なレースやイベントをしています。

・花火の祭典
・HONDAサンクスデー


このあたりのイベントもかなり渋滞しますので、motoGPだけでなく、他のレース時やイベント時にも、下記で紹介する裏道を参考にしていただけるかと思いますよ。



ツインリンクもてぎからの渋滞回避「抜け道」

というわけで、さっそく抜け道を紹介していこうと思います。

ツインリンクもてぎ→常磐道への抜け道

いつも使う、常磐道までの抜け道のご紹介ですが

こんな感じです。


ツインリンクもてぎから、常磐道への抜け道として、私のおすすめは

友部IC(北関東道)

を使うことです。


実際、ツインリンクからの最短インターチェンジは「水戸IC」もしくは「水戸北スマートIC」なのですが、かなりひどい渋滞となります。

なので

渋滞にはまるなら走った方がいい

という、私の信念からこの道を使用することにしています。



ちなみに、この道は

県道39号

を使用していますが、もう少し先の

ビーフライン

を使用しても全然OK。


ビーフラインのほうが、すこし走りやすいのと、ツインリンクが推奨している道なので、利用する人が多いかもしれません。


ツインリンクもてぎ→宇都宮への抜け道

宇都宮までは、ナビ通りいくと本当に死んでしまいますので、こちらがおすすめです。


この道は、超おすすめです。



道も悪くないですし、比較的明るいです。

途中には

・コンビニ
・ガソリンスタンド
・飲食店

がありますので、安心して走れるのもおすすめな点です。


ですが、どうしても宇都宮市街に入ってくると、渋滞しています。

宇都宮は、どの道も渋滞しているので、そこだけはもうどうにもならないところなんですよね。

でも、渋滞の時間を削減できるだけでも、バイクにとってはかなりラクかと思いますので、参考にしてみていただければ幸いです。


ツインリンクもてぎからの「抜け道」の注意点

ツインリンクもてぎからの抜け道で、気を付けなければいけないこともあります。

・道が暗い
・通行止め

ということ。


ツインリンクもてぎは、栃木県の山の中にあるので、街灯のない道が多い印象です。

motoGPが終わったころだと、だいぶ日も傾いてきています。

場所によっては真っ暗だったりするので、私も初心者のころは、かなり怖かった記憶がありますが、抜け道を使う車やバイクも多いので、何とかなるはず。

でも、十分気を付けてくださいね。

とくに、常磐道に抜ける道は、全く街灯のない道もあるので、注意してください。



通行止めに関しても、どちらかといえば、常磐道に抜ける道で注意が必要です。

というのも、山の中を走ることになるので、土砂崩れなどで通行止めになっていることがあります。

実はなんですが、2019年日本GPの際、県道39号が台風の影響で、土砂崩れとなっていました。

しかもどうやら、私が通る数分前に崩れたようで・・・



宇都宮までの抜け道も、山の中を通りますので、どちらも抜け道を使う際は、注意した方が良いです。


まとめ|ツインリンクもてぎからの渋滞は回避できます

ということで、今回は

ツインリンクもてぎからの渋滞回避ルート

について書いてみました。

個人的には、渋滞にはまるよりは、抜け道を上手に使うことも大事かな、と思っています。

渋滞は、バイクに不調をきたしたりすることもありますし、なによりストレスですよね。

女の子だと、クラッチもつらいと思います。

交通量を分散させるために、motoGP後にもたくさんイベントをやったり、対策はしているのですが、どうしても混雑は避けられません。


抜け道

を活用して、ストレスなく帰るのをおすすめします。

motoGPなどのイベントの際に、お役に立てれば嬉しいです。

初めてレース観戦をする方には、こんな記事も書いてますので、読んでみてくださいね。



ということで、最後までご覧いただきありがとうございました!

ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました