バイクの楽しみ方

【CT125 ハンターカブ】これは冒険に行きたくなるぞ!〈低身長さんは注意〉


ぼんじょるの、しーまんです。

モンスターは点検中。
リトルカブは修理待ち。

しーまん
しーまん

バイク乗りの季節がやってきたのに…
自分のバイクたちに乗ることができません……


ということで、おなじみレンタルバイクをしてきました(笑)

選んだのはこちら。

HONDA CT125 ハンターカブです!

レンタルしたのは、HONDA公式のバイクレンタル
Honda GO BIKE RENTAL


カブヌシとして、1度乗ってみたいなーと思っていたんですよ!ただ、わりとシートが高く…「無理かも…乗れないかも…」なんて思っていたのです(笑)

というわけで今回は、ハンターカブについて書いてみたいと思います。

もちろん私ごときがインプレなんてものはできないので、率直に乗ってみた感想や雰囲気をお伝えできれば…と思っていますよ!


結論から先に言ってしまうと
「マジで冒険行きたくなる!」
の一言に尽きます(笑)


この記事が、どなたかの参考になればとても嬉しいです。

動画でも見れます


インプレの動画ではありませんが
ハンターカブに乗って遊んだ日のVlogです。

乗ってる雰囲気などを感じたい方は、ぜひ動画でどうぞ!



スポンサーリンク

「CT125 ハンターカブ」私が感じた良かった点

ハンターカブとにかくめっちゃ楽しかったです!
私が良かったなぁと感じる点はこんな感じ。

  • 車体が軽くて扱いやすい
  • 冒険に行きたくなる楽しさ
  • 安心のABS付
  • 超積載ができるキャリア

まさに冒険に行きたくなる仕様のバイク!オフ車ではないけれど、オフロードへ行きたくなるようなそんな気分にさせてくれました。


車体が軽くて扱いやすい


シート高800mmと、低身長からしたらちょっとドキドキする高さなのですが、ハンターカブは車体が軽いので足つきの怖さはほとんど感じられませんでした。

その車両重量は、なんと120kg!
めちゃめちゃ軽い!!

取り回しはなんの苦労もいらないくらいラクチンです。

また、足つきは少し悪いですが車体が軽いので
信号待ちなどは少し寝かしてしまっても大丈夫。

まじで軽いは正義です(笑)


冒険に行きたくなる楽しさ


もともと自然の中を走っても大丈夫なようにデザインされたCT125 ハンターカブ。

出典:HONDA公式HP

浅い水の中でも走れるように設計された
アップマフラーが冒険心をくすぐりますよね!

出典:HONDA公式HP

また自然の中を走るため、ホコリなどの吸入を低減する
ハイマウント吸気ダクトも採用しています。

アップハンドルでゆったり運転ができる

さらにアップハンドルを採用することで、自然を楽しみながらゆったり走っていたくなるライディングポジションも目指しているんだとか。

しーまん
しーまん

確かに裏ヤビツを走ったときは、のんびりゆったり自然を楽しんで走ったなぁ~

125㏄という適度な排気量がまた運転しやすく
ガれた道でも安心して走れたのは最高でした!


安心のABS付


ABSとはアンチロックブレーキシステムのことで、緊急ブレーキ時にタイヤがロックした場合、ブレーキを踏んだままでも自動的にブレーキの解除・作動を繰り返し、タイヤのグリップ力を回復させるとともに、クルマの走行安定性を保ち、ハンドリングによる危険回避能力を確保しようとする装置です。
参考:http://www.anzen-unten.com/home/a4/b1/safe001.html

ハンターカブには標準でこのABSがついています。

ちなみに…よくハンターカブと比べられるクロスカブですが
クロスカブにはABSはついていません!

実は、以前クロスカブに乗ったことがあるのですが、ABSがないことでタイヤがロックしリヤタイヤがもろに滑るのを経験したことがあります。

しーまん
しーまん

ブレーキのロック、めちゃくちゃ怖いです!!



60kmからフルブレーキをかけると見事にロックします!

とくに今現在ABS付のバイクに乗られている方が、同じ感覚でクロスカブにブレーキをかけると確実にタイヤがロックします。めっちゃ危ない!

クロスカブもハンターカブも両方乗ってわかりましたが、やはりABSはあって損なしです!

440,000円
125cc
ABS付
297,000円
110cc
ABSなし


わたしならABSの付いたハンターカブを選ぶかなー?と思います。とはいえ、お値段の差を見ると悩ましいかもですね(笑)


クロスカブをレンタルした動画もあります


クロスカブをレンタルして伊豆を旅した時の動画です。雰囲気を感じたい方は是非こちらもどうぞ!(レンタルするところから再生されます)


この日は、三島にある「MANXMAN GARAGEさん」でクロスカブをお借りしました。キャンプ用品などもレンタルできますので、気になる方はHPをチェックしてみてください!



超積載ができるキャリア

とにかく荷台がでっかいでっかい(笑)

しーまん
しーまん

だけどぶっちゃけロングツーリングに行く時は
これくらい大きなキャリアが欲しいかも!


キャンプ道具をいくら積んでも、この荷台があれば荷崩れなんて絶対にしなさそうな安心感(笑)

ロングツーリングだったりキャンプだったり…と冒険するにはモッテコイの荷台といっても過言ではないでしょう!

私のリトルカブもこれくらい大きな荷台がついていたらなぁ~…(笑)


「CT125 ハンターカブ」に乗って思ったこと


ハンターカブをレンタルして感じたことを
つらつら書いてみようと思います。

ちなみに私が感じたのはこんなこと。

  • 足つきは悪いけれど意外と乗れちゃう
  • ハンターカブでキャンプに行きたい。
  • 荷物積めるくせにお尻が痛くなった

やっぱり大人気なだけあって
私もめちゃくちゃ欲しくなりました!



足つきは悪いけれど意外と乗れちゃう


冒頭から少し語っていますが
ハンターカブは見た目よりも足つきは悪いです。

身長148cmの私が乗るとこんな感じ。

5cmもの厚底ブーツを履いているのでなんとか対処できていますが、厚底じゃなかったらうーん…乗れたかどうか…(笑)

ちなみにシート高は800㎜ですが、ハンターカブはシート幅があるのでさらに足つきが悪くなるんですよね。

身長が低い方は、気を付けたほうが良いかもしれません。

とはいえ車体が軽いので、中型バイクや大型バイクと比べるとだいぶ安心感がありましたよ!



ハンターカブでキャンプに行きたい!


私のやりたいことのひとつに「キャンプ」があるのですが

  • モンスターに積載する不安
  • リトルカブで遠くにキャンプは行けない
  • そもそもキャンプ場の砂利とか怖い

という、バイクでキャンプに行くことに少なからず不安を感じていて、なかなかキャンプの一歩が進めずにいます。

モンスターにたくさん積載して運転に支障が出るのはイヤだし…。リトルカブで長い距離を走るのはちょっと現実的ではありません。

というか、そもそもキャンプ場の土やら砂利やら木の根っこやら…あれが苦手でたまらない。

そんなことを思っていると、本当にいつまでもキャンプデビューなんてできないのですが(笑)今回、ハンターカブに乗ってみて

しーまん
しーまん

ハンターカブでキャンプ行きたい!!
荷物もたくさん積めるし、砂利も土も全然へっちゃら!
むしろ楽しそうだ~



と、めちゃくちゃキャンプに行きたくなりました(笑)

お金があれば納車したいんですけどねー…いやハンターカブがあったら絶対リトルカブ乗らなくなるな…リトルカブも貴重な1台だからなぁー…というループな悩みを展開しています(笑)


荷物積めるくせにお尻が痛くなった


積載できるように大きな荷台がある=ロングツーリングも快適♪…と思ったら大間違いでした(笑)

お尻めっちゃ痛くなります!
ほんと超痛くなりました(笑)


ロンツーにはそれほど適していないシートなのかも?

まぁ、でもこれはゲルザブが解決してくれるか(笑)



まとめ|「CT125 ハンターカブ」で冒険に行っちゃおう!

今回の記事では、CT125ハンターカブをレンタルして感じた私の感想などを書いてみました。

ハンターカブはまさに冒険に行きたくなるバイク!ABSも標準装備なので、ガれた道や砂利道だって安心して走行できちゃいます!

また、大きな荷台も付いているのでキャンプツーリングやロングツーリングにも最適!でもお尻は痛くなりますが(笑)

私もこれはめちゃくちゃ欲しくなりました!!
キャンプも始めたいのでなおさらです。

気になる方は是非公式サイトでチェックしてみてくださいね!


ということで、今回はこの辺で。

最後までご覧いただきありがとうございました!ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました