バイクの楽しみ方

【物足りない…】ロンツー初心者が、弾丸で遠方ツーリングに行ったら不完全燃焼しました


ぼんじょるの、しーまんです!

先日、2泊3日で四国と九州にツーリングへ行ってきました。

しーまん
しーまん

いやぁ、最高に楽しかったです!

どうしても長期休暇を取ることができず…また家にはネコもいるため、長いあいだ旅に出るということはできません。

なので、2泊3日で行きたいところを極力走って来よう!と計画し、この度無事に旅を終えてきました!

こんなにも遠方にツーリングへ行くことは普段あまりないのでとても貴重な体験をしたなぁと、我ながら誇らしいです(笑)

この3日間は本当に毎日が楽しくて…「来てよかったなぁ」「やっぱり旅をするって最高だなぁ」と思いながら過ごしていたのですが、いざ家に帰ってくると

しーまん
しーまん

うーん…なんか物足りないな…行きたいところは出来る限り走ったんだけどな…

なんて、弾丸で行ったことを少しだけ反省する部分もあったりしました(笑)



ということで今回の記事では

【物足りない…】弾丸で遠方ツーリングに行くと不完全燃焼する

という内容で書いていこうと思います。


実際に弾丸で四国と九州をツーリングしてみて感じたのは、少ない時間でたくさんの場所を周るよりも一つ一つを丁寧に過ごした方が満足度は高いのではないか?ということでした。


次回また遠方へツーリングに行くときのための備忘録として、まとめることにします。

こんな方におすすめ

長い休みは取れないが遠方にツーリングに行きたい
これから遠方にツーリングに行く予定
弾丸でもいいからツーリングに行きたい

こんな方には参考になるかもしれません。

私の不完全燃焼が、これから弾丸ツーリングを計画している方の参考になればとても嬉しいです。



スポンサーリンク

弾丸ツーリングは欲張ってはいけない

今回、不完全燃焼してしまった敗因は
欲張りすぎたということに原因があると思っています。

というのも、本来計画していたのは「九州ツーリング」だけだったにもかかわらず

しーまん
しーまん

あれ?四国も行けちゃうんじゃない?

と、四国行きをも決行。
かなりの過密スケジュールとなってしまいました。

とくに四国はゆっくりできなさすぎて、すでにリベンジしたくてたまりません(笑)

過密スケジュール


実際、どのくらい過密スケジュールだったのか?
ということですが

1日目(東京→高知→愛媛)


朝一の飛行機で高知入り

UFOライン
石鎚スカイライン
四国カルスト

ホテル

2日目(愛媛→熊本→北九州)


早朝、四国から九州へ移動

阿蘇(阿蘇はだいぶ満喫できた)

新門司港

3日目(九州→横須賀)


一日中フェリー

ざっと書き出すとこんな感じです。(詳しいルートなどはおいおい記事にします)

とくに四国は、11時ごろツーリングをスタートしてカルストに着いたのは17時過ぎ。宿に着いたのは20時前…とまぁー走りましたね(笑)

今思えば、水曜どうでしょうレベルの過密さだったかも(笑)

九州ではわりとゆったり過ごせましたが、それでも夜までには熊本から北九州の新門司港まで移動しなければいけないため、けっこう大変でした。


ちなみに東京→高知はBASを使ってバイクを輸送しています。



弾丸で駆け抜けた四国の動画はこちら


とくに四国はバタバタしていたため、きれいな映像を撮影する時間がまったく取れず。走ってばかりのツーリングになってしまいましたが、Vlogとして残すことにしました。


そういえば、四国動画で頂いたコメントの中に

  • 九州では温泉に入ったのかな?楽しみです。
  • 鹿児島の〇〇行ってほしい!
  • 宮崎辛麺でも食べに行くのかな?

など、本当に期待してくださってるコメントを拝見させていただきました…。

しーまん
しーまん

ごめんなさい!!本当に弾丸すぎて、温泉も鹿児島も宮崎辛麺もできていません…。


九州動画は絶賛編集中ですが、そんな場面は出てこない「弾丸ツーリング」となっていますので、改めてご理解いただければ幸いです。


スポンサーリンク

弾丸ツーリングで不完全燃焼した


四国も九州も行って良かったですし、旅をすることは本当に素敵なことなので、弾丸でもいいからまた行きたい!と思っています。

ですが、今回の弾丸ツーリングで過密スケジュール決行し、わりと反省しなければいけないことも多くありました。

  • 細い道が多く疲れた
  • ゆっくり撮影する時間と気力がなかった
  • 行きたいお店に間に合わなかった
  • 寄りたい場所に寄れない

そりゃぁ不完全燃焼するわなw
といった具合です(笑)



細い道が多く疲れた


水曜どうでしょうの「お遍路」で、どれだけ四国の山道が過酷なのかを見てはいたものの、実際バイクで走ってみると予想以上の細さとガードレールのなさに驚きました!

とくにUFOラインは驚くほどの過酷さ。

もちろん、こんな道私が住んでる街では絶対に走ることができないぞ!と思うと、旅をしているその瞬間が最高で。楽しくて。

ですが山を下り、気が休まると同時に「あ、私けっこうやられてるなw」とわかるほど、疲れがたまっていました。

濃霧で時間ロス


石鎚山などはライブカメラがあるため、わりと頻繁にチェックしながら登っていたのですが、山の天気は本当にコロコロかわりますね。頂上(絶景と呼ばれている区間)に着いた頃は超濃霧。

下り区間は半分以上が濃い霧だったため、ゆっくり下山せざるを得えませんでした。そのため大幅な時間ロス&体力の消耗となり、「弾丸はつらいよ」状態に(笑)

色々な事態を考えて、余裕をもった行動は大事だと改めて感じました。



ちなみに、濃霧じゃないUFOラインはこんな感じだそうです。




ゆっくり撮影する時間と気力がなかった


この旅は動画を撮影するために行ったわけではなく、自分がただただ行きたい場所へ行った旅なので、撮影をする必要は全くありません。

ですが、思い出として記録したいという思いも強く、三脚や一眼レフも持って行き(本当は荷物になるからGoProだけにしようか悩んだ)、撮影するのを楽しみにしている自分がいました。

しかし現実は、一眼レフをわざわざ取り出して撮影する気力も起きず(笑)濃霧のおかげで、時間もだいぶロスしていたため、ゆっくり撮影する時間もなし!

結局スマホやGoProで撮影するしかない状態になってしまったのは、かなり反省です。




とくに四国カルストではゆっくり撮影したかった

カルストも霧

四国カルストでは、牛や風車。ススキや石など、カルスト台地を余すことなく映像に収めたい!と思っていましたが、到着したのは17時過ぎ。

このままゆっくり撮影していると、山を下りるのに真っ暗になってしまうかもしれません。山道は街灯もなく、もし日が暮れてしまったらかなり危ない。動物も出てくるかもしれません。ということで撮影は断念。

UFOラインまで欲張らず、カルストだけにしておけばゆったりしたスケジュールを組むこともできたのですが、次いつ行けるかわからない…と思うとUFOラインにも行きたかった(笑)

これは反省点として、次回のツーリングにはしっかり役立てようと思います。めっちゃ不完全燃焼だったので(笑)


行きたいお店に間に合わなかった


弾丸で行くと、時間がとにかくありません。
なので、四国では全く名産品を食べることができませんでした。

高知ではひろめ市場でカツオが食べたかったし
宇和島では鯛めしを食べる予定でした。

唯一、宇和島のホテルでみかんを頂き「あぁ、私はいま愛媛にいるんだなぁ」と実感(笑)


カルスト珈琲でのんびりしたかった


四国カルストに到着したら、絶対に行きたかったのが「カルスト珈琲」というお店です。

ハンドドリップで淹れてくださった珈琲を絶景のカルストで頂くことのできる、素敵な珈琲ショップなんです。

お店がオープンしているかどうかはインスタのストーリーで見ることができるので、この日もしっかりとオープンしていることを確認!ワクワクしながらツーリングをしていたんですけどねぇ(笑)

あいにく、濃霧の時間ロスと体力の消耗で昼食休憩を多く取りまして…今回は営業時間までに行くことができませんでした。

これ以上ない不完全燃焼です!


宇和島の鯛めしは爆睡で食べられず…


宇和島に着いたら鯛めしを食べるんだ!と意気込んでホテルまで走行していたのですが、なかなか過酷な弾丸四国ツーリングとなってしまいまして…。

ホテルでお洗濯をしている間に、なんと爆睡してしまいました…。

YouTube用に倒れ込む演技をしてるキャプチャ(爆睡のあと夜中に撮影w)

起きたのが22時過ぎ…一応、名産を食べられる場所はないかしら?と外出してみたのですが、宇和島の夜はすでにひっそりと静まっていました。

仕方なくこの日の夜はコンビニ飯です。

今回、ホテル到着が遅すぎました。
次回は17時までにはチェックインしようと反省です。




スポンサーリンク

寄りたい場所に寄れない


UFOラインや石鎚スカイライン、四国カルストなどバイクで走ると気持ちよさそうな場所へはなんとかたどり着くことができました。

ですがたった半日しか四国を観光できないとなると、行きたい場所にも寄れず不完全燃焼に。

今思えば2泊3日すべて四国で過ごしても良かったかな?と思うこともあります。それくらい四国はただただ走り抜けるだけになってしまったということです。


たとえば

  • 沈下橋
  • しまなみ海道
  • 道後温泉
  • 中津渓谷
  • 鳴門海峡

など四国で行きたい場所は山ほどあります。

弾丸で駆け抜けるツーリングをしてしまうと、このように行きたい場所にも行けず…ただ走るだけになってしまいました。もったいないことをしたなぁ…。


弾丸ツーリングで満足度を高めるには


今回の弾丸ツーリングは

1日目:四国
2日目:九州
3日目:フェリー


ということで、どう考えてもゆっくり旅をすることはできないスケジュールです。

実際にこの弾丸ツーリングを決行して、少ない時間でたくさんの場所を周るよりも一つ一つを丁寧に過ごした方が満足度は高いのではないか?と感じました。

2泊3日しかないのであれば、2日間とも四国もしくは九州で過ごした方がきっと不完全燃焼しなかったのではないかと想像します。

宿にも17時までに入り、ゆっくり温泉にでも浸かって過ごす方がよっぽど旅らしいかも。


とはいえ、弾丸で行ったからこそ記憶に残る旅だった


だからといって、今回の旅が良くなかったというわけではありません。弾丸で行ったからこそとても記憶に残る旅となりました。

実際に1番記憶に残っているのは、ゆったり巡った阿蘇よりも、濃霧で全く見えなかったUFOラインやお目当ての珈琲ショップに行けなかった四国カルストだったりします。

弾丸で下見程度に駆け抜けたからこそ、今度行ったらもっとゆっくり過ごしたいという思いが強くなりました。

だからこそ、たった2泊3日の弾丸ツーリングは行って良かったと思っています。


まとめ|弾丸で遠方ツーリングに行くと不完全燃焼するが記憶には残る

濃霧で何も見えないUFOライン

今回の記事では、弾丸で四国と九州に行って不完全燃焼した私の体験談を備忘録としてまとめてみました。

弾丸でツーリングに行くと、「時間が足りない」という問題に直面します。

私の場合、ツーリングの名所は思う存分駆け抜けることができましたが、名産品を食べることや温泉でゆっくりすることはできず、結局不完全燃焼のまま帰ってくることになりました。

今思えば2泊3日すべてを四国、もしくは九州で過ごすくらいの余裕があっても良かったと感じます。


しーまん
しーまん

ですが 弾丸で駆け抜けたからこそ、また行きたいという気持ちが一段と強くなり、とても記憶に残るツーリングとなったのは間違いありません。


これから弾丸ツーリングに行こうと思っている方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

では、今回はこの辺で終わりです。

最後までご覧いただきありがとうございました!ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました