YouTubeと動画制作

著作権フリーの曲を使用したけれど「著作権の申し立て」を通告されました(対処済みです)

ぼんじょるの、しーまんです!


先日、新大久保の動画撮影が著作権侵害になりそうで大変だったという記事を投稿しました。

そんな記事を書いた矢先、なんとYouTubeから「著作権の申し立て」という通知が来ましたので、今回また著作権系の記事を書くことになってしまいました。


ということで届いた通知がこれ。


どうやら、1年前の動画に対して著作権の申し込みがあったというのです。

これを見るとめちゃくちゃやばいことになってる感じがありますが、この通知は「もしかしたらあなたの動画に著作権で保護されたものがあるかもだから確認してね」といったもの。

なのでYouTubeからの警告などではありません。


そんなわけで今回は

著作権フリーの曲を使用したけれど「著作権の申し立て」を通告された

という内容で書いていこうと思います。


まぁその名の通り

著作権フリーの曲を使用したのに申し立てされた

ということです。

しっかりと根拠があって楽曲を使っていれば、この申し立てに「異議申し立て」をすることができます。異議申し立てをし、その内容が通れば再度その楽曲を使用した動画を公開し続けることができます。

ですが今回、わたしは異議申し立てをすることはやめました。

また「問題がない場合対応は不要です」とのことですが、なんだかそのままにしておくのも気持ち悪いので念のため対応はすることに。

そんなわけでこの記事では、異議申し立てをしなかった理由や経緯などを書いていければと思います。


スポンサーリンク

動画が著作権の申し立てを受けた


今回、指摘された動画は約1年前に投稿した「秩父には最高の豚丼とすてきな隠れ家カフェがある」という動画です。

この動画はすでに著作権対策済みで公開してあります


指摘された楽曲は「Vlog No Copyright Music」という、著作権フリーの楽曲を扱ってるYouTubeチャンネルからダウンロードしたものでした。


私が使用した楽曲はこちら。

この動画の概要欄を見ると、楽曲のライセンスが書いてあります。

➤ Licence:
You’re free to use this song in any of your videos, but you must include the following in your video description (Copy & Paste):

Song: Nekzlo - Moments (Vlog No Copyright Music) Music promoted by Vlog No Copyright Music. Video Link: https://youtu.be/TCFMO24whuM

「この曲をあなたの動画で使用することは自由ですが、動画の説明文に以下の内容を記載する必要があります(コピー&ペースト)」という内容。

クレジット表記をすれば誰でも動画を使用していいよ!というわけです。

異議申し立てはしないことにした

YouTube
YouTube

明確なライセンス許可があるなら異議申し立てをすることは可能だよ!

ということで、私が使用した楽曲も異議申し立てすることはできるのではないかと思います。だって、ノーコピーライト(著作権フリー)をうたっているんですもん!!

もちろんクレジット表記もしてあります。



ですが、異議申し立てをすることはやめました。
その理由が下記。

  • もしかしたら今は著作権が発生しているのかもしれないと思った
  • 「タダほど怖いものはない」を信じる
  • YouTube側から警告を受けたくない
  • (ひっくるめて面倒くさい)


とくにYouTube側から警告を受けたくないというのが1番の理由です。


もしかしたら今は著作権が発生しているのかもしれないと思った


無料の著作権フリー楽曲によくあることですが
のちのち著作権が発生するということがあります。

それは、曲を使う私たちからはどうすることもできず
すべての権限は楽曲を作った人にあるのです。


なので

明日から著作権発生させよーっと!

という考えで、途端に著作権フリーの楽曲ではなくなってしまうことがあります。

もしこの曲がそうだとしたら、いくら異議申し立てをしても跳ね返されるだけですし、何度も異議申し立てをすると動画だけでなく、チャンネルがBANされることもあります。

それを考えると、うーん戦うのは面倒くさいな…という結論に(笑)


「タダほど怖いものはない」を信じる


私が今回申し立てされた楽曲は 「Vlog No Copyright Music」 が提供しています。

出典: Vlog No Copyright Music YouTubeチャンネルより引用

料金は無料。誰でも自由にダウンロードをして楽曲を使用することが可能です。


でも考えてみてください。
楽曲を無料で提供して、作者に利益はあるのでしょうか?

それにやっぱりこういうことがあると思ってしまう…
タダより怖いものはない」ってこと。

それでも自由に使える動画ではありますので、使いたいという方は是非聞いてみてください♪わりといい感じの曲もあったりしますよ。

ただしYouTubeから連絡が来る可能性もあるので、その辺は自己責任で(笑)

最近はEpidemic Soundを使用しています


今回申し立てが届いて、しみじみと

しーまん
しーまん

このころは無料のBGMでやってたんだなぁー…早くEpidemicSound使えばよかったのに。

と思わざるを得ませんでした。


ということで、このブログでは何度も紹介していますが
私は現在、Epidemic Sound を使用しています。

月額料金は15ドル(約1600円)。
安いとは言えない料金ですよね。

今思えば無料で音楽を使わせてくれるなんて…うーん怪しい!と思えばよかった。



YouTube側から警告を受けたくない


異議申し立てを何度も繰り返すと、動画が削除されたりチャンネルがBANされたり・・ということになりかねなません。

せっかく作った動画が削除されてしまうのは悲しいですし、垢BANは震えます。

なので異議申し立てするのはリスクが大きいかな?と感じました。

無料の著作権フリー曲を使用した自分も
当時は考えが甘かったと思います。


これからの動画制作の良い教訓になりました。


というのは建前で(笑)まぁぶっちゃけ言うと、誰とも争いたくないし面倒くさい(笑)

とにかく人が絡むことにかかわりたくない性格なので「異議申し立て」なんて面倒くさいことは、したくないな…というのが本音です。


著作権の申し立てを受けた動画はどうするの?

著作権の申し立てを受けた動画は、選択を迫られます。

  • 動画を削除する
  • 該当の曲だけを削除する
  • 該当の曲をミュートにする
  • 該当の曲を他の楽曲に差し替える
  • 異議申し立てをする
  • 何もしない(収益は申し立てをした人に入る)


こんな感じです。

ぶっちゃけどれも「うーん…」なのですが
今回私が取った行動はこれ。

  • 該当の曲を他の楽曲に差し替える

こちらを選択しました。

他の楽曲に差し替えた


YouTubeオーディオライブラリーの中から選んだ曲を差し替えることで「著作権の申し立て」は撤回されます。

楽曲を差し替えた、その動画がこちら。

動画の前半部分と後半部分に差し替えた楽曲が流れているのがわかるかと思います。ちなみに差し替えた曲はYouTubeオーディオライブラリーのもの。

いやーあんまりよくない(笑)

YouTube内で編集すると、使える機能が少ないので全然いい感じに差し替えることができませんでした。

ですがこれで申し立ては撤回され、収益可も可能に。

動画を作るにはそれなりにお金がかかるので、収益がなくなるのは今後の動画制作に暗雲が立ち込めてしまいますからね。


まとめ|無料の著作権フリーの曲は極力使うのはやめようと思う

今回の記事では

著作権フリーの曲を使用したのに「著作権の申し立て」を通告された

ということがあったので、記事にしてみました。

タダより怖いものはない…
異議申し立てとか面倒くさい…


という個人的な意見から、今回は

  • 該当の曲をほかの楽曲に差し替える

という方法で解決に至りました。

まぁだいぶ昔の動画だったので非公開のままでもいいかな?とも思いましたが、「著作権の申し立て」というワードがついたままというのも、なんだか後味が悪いもの。

かといって、争うのは面倒くさい。

他の楽曲に差し替える方法が
個人的には最良の改善策だったと感じています。


これを教訓に、きっともう無料の著作権フリーサイトなどは極力使わない方向でいくことでしょう(笑)

ということで、今回はこの辺で終わりです。

最後までご覧いただきありがとうございました!ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました