おすすめツーリングルート

「町田リス園」は狂暴なリスとふれあえる癒しの空間だった『東京ツーリングとしても最適!』

ぼんじょるの、しーまんです。

小動物たちにふれあって癒されたい!と思っている、疲れ果てた大人たちにうってつけの場所が、東京の町田に存在します。

その名も「町田リス園」


今回は、そんな「町田リス園」の魅力を書いてみたいと思います。

大自然の中で、のんびり癒されるには、最高に魅力的な場所。ツーリング先としても、かなりおすすめですよ!

実際に、バイクで「町田リス園」に行ってきたときの動画もあるので、動画で見たい方はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

町田リス園とは?

町田リス園は、1988年12月に、伊豆大島にある「リス村」から、リスを譲り受けてオープンした、ふれあい型の動物園です。障害のある方に働く場を提供するために作られた、授産施設にもなっています。

なんと、最近では外国からの来園者さんも増加し、「癒しの動物園」と話題になっているとのこと。

リス以外にも、モルモットやウサギ、デグーなどの小動物が飼育されていますが、1番の魅力は「放し飼い広場」。「放し飼い広場」では、約200匹のタイワンリスが放し飼いにされ、リスと触れ合うことができますよ。


町田リス園で遊ぶ(リスは可愛いけど怖い)

入園料や餌のお値段設定が、とてもリーズナブルなところが、町田リス園の魅力の一つでもあります。

大人(中学生以上)400円
小人(3歳以上) 200円
えさ(リスなど) 100円

1000円あればおつりがくるほどの安さなので、ちょっと暇つぶしに訪れることができるのも良いですよね。


開園直後がおすすめ

リス園ですが

営業時間:10:00〜16:00(平日・土日祝日)
(4〜9月 日曜・祝日のみ 10:00〜17:00)
※入園券の販売は、閉園時間30分前で終了

定休日:火曜日(※祝日の場合は開園、翌平日休園)

ということで、午後から行くのはあまりおすすめではありません。

16時には閉園してしまうだけではなく、大勢の人に餌をもらっているため、午後だとリスもお腹いっぱい。

朝早めに行くと「ハラヘリ」の状態なので、たくさん餌を食べてくれます。エサやりを楽しみたい方は、開園直後が絶対的におすすめです。

園内に入ると、このようなエサ売り場があるので、ヒマワリの種を購入してから「ふれあい広場」に入ります。(絶対買うべき。)

この放し飼いエリアに、約200匹のタイワンリスが放たれています。かなり広大なので、混雑していても、ちゃんと餌をあげることができるので、心配いりません。

▶▶タイワンリスとは



シュールな看板

このリス園の最大の魅力といっても良いかもしれないのが、「注意書きの看板」です。

どうやら、副園長の福田さんという方が描いた作品とのこと。「注意喚起の看板なので、目を引く内容に」と考えた結果、こんなシュールなものになったそうですよ。
(出典:withnewsより)

いろんな場所に看板が立っているので、探してみるのも面白いです。

リスはちょっと怖い

とてもかわいい顔をした「タイワンリス」ですが、性格はかなりヤンチャです。噛みつかれると、肌に穴が開くほどの力なので、必ず両手に手袋をしてから触れ合います。

手袋の上からも噛んでくるので、本当に本当に気を付けないといけません。

ふれあい方

「ヒマワリの種を」を手のひらに出すと、どこからともなくリスたちがやってくるので、餌さえ持っていれば簡単に触れ合えます。

ですが、餌を持っていない人には見向きもしないので、触れ合いたい方は事前に「ヒマワリの種」を購入しておくと良いですよ。(絶対買うべき。)

小さいお子様にも、容赦なくやってくるので、お子様がいる場合「えさやり」はかなり慎重に判断してください!


長そで・長ズボン推奨

冬は、長そでの方が大半だと思うのですが、真夏でも長そでを着ていくことをおすすめします。

リスの爪は鋭いので、素肌に乗られるとかなり痛いです。

長そでを着ていても、腕が傷だらけになったので、痛いのが苦手な方や、小さいお子様は長そでのほうが無難ですよ。


ほかの動物

町田リス園には、リス以外の動物も飼育されています。

ケヅメリクガメ

かなり魅力的なのが、ふれあいエリアにいる、ケヅメリクガメのジュンコ(推定15才・体重約60キロ)。

いろんな場所を歩き回っているので、ジュンコ探しも面白いですよ。ちなみにジュンコには餌をあげることはできません・・・残念(笑)


モルモット・ウサギ

モルモットやウサギには、餌をあげることができます。

放し飼いではないので、触ることはできませんが、レタスやキャベツをあげることができますよ。

このエサも100円で購入できるので、リスが怖い方は、モルモットやウサギが良いかもしれません(笑)



ほかにも、ミドリガメやデグー、シマリスなども見ることができます。



町田リス園へのアクセス

町田リス園の場所を地図で見てみると、このあたり。

町田リス園があるところは、東京都町田市。近くには「薬師池公園」もあるほど、大自然に囲まれた場所です。



車・バイク

車やバイクで行く場合は、「東名高速、横浜町田インター」もしくは「中央高速、稲城インター」からだいたい13~14kmの場所にあります。


町田リス園専用の駐車場はありませんが、薬師池公園の駐車場が使用できますよ。

料金は1時間半まで100円、その後30分毎に50円加算です。
(2020年4月から平日も有料となっています)

東京の駐車場にしては、かなりお安い料金設定!土日祝日も同じ料金なので、安心して利用できますね。


バイク駐輪場に注意


薬師池公園の駐車場には、バイクを止めることができないので、注意が必要です。

バイクや自転車は、リス園の無料駐輪場を利用することになります。

ですが、この駐輪場すこしだけ厄介。

小型のバイクや自転車を止めるには、とくに問題はないのですが、大型バイクを止めるのはハードなので気を付けなければいけません。

車道から駐輪場にアクセスできないため、狭い歩道を歩く必要があります。


薬師池公園にバイク置き場もある

薬師池公園のHPを見てみると、どうやらバイク置き場があるとのこと。


「自由民権の像(モニュメント)」の前、ということなので


このあたり。そして駐輪場の入り口がこんな感じです。

ここなら大型バイクも止められそう。リス園までは少し歩きますが、歩いても5分ほどなので、ツーリングとしてくることも可能ですね。


地図で見るとこのあたり↓

ここから、駐輪場に入っていけますよ。


電車・バス

最寄り駅は、小田急線「町田駅」。そこからバスで町田リス園へ行くことができます。

小田急町田駅北口(第一踏み切り50m先)21番バス乗り場より「本町田経由野津田車庫行(55系統)」、または「鶴川駅行(53系統)」で約20分。
「薬師池」下車。
出典:町田リス園HP



まとめ|町田リス園は大人も楽しめる癒しの空間


今回は「町田リス園」について書いてみました。

町田リス園は、大人も子供も楽しめる癒しの空間です。
しかし、少し狂暴なリスにも注意が必要。

・長そで長ズボンで行くこと
・両手に手袋を必ずすること
・子供から目を離さないこと

などに注意すれば、かなり楽しめる空間だと思います。

・シュールな看板
・リクガメのジュンコ

などを探すのも、とても楽しいのでおすすめです。


ご家族やデートで楽しめるのはもちろん、ツーリングやタンデムデートにも最適!ぜひ出かけてみてはいかがでしょうか。


狂暴リスのスリルを味わいたい方は、開店直前を狙ってくださいね。


ということで、今回はこの辺で終わりです!
ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました