バイクのコト

【motoGP日本グランプリ】観戦するなら「V席」がかなり良いですよ

スポンサーリンク


ぼんじょるの!しーまんです。

motoGPを見に「ツインリンクもてぎ」に行くんだけど、観覧席が多すぎて、どこで見たらいいかわからないよ。

確かに、サーキットって広いし、どこで見たらいいのかわからないですよね。



ということで、私は

V席(ビクトリースタンド)

をおすすめします!


実は、ずっと「Z席」で観覧していたのですが、2019年に初めて「V席」に変更しました。

そしたらですね、めちゃくちゃ快適で、めちゃくちゃ楽しかったので、motoGPは今後「V席」一択になりそうです。


今回はそんな「V席」について、存分にお話させていただこうと思っています。

TARGET

✓ motoGPに初めて行く予定
✓ どの席で見るか悩んでいる
✓ 迫力のある席でレースが見たい

こんな方におすすめの内容です。


2020年、新型コロナウイルスのせいで、開催されるかすらわからない現状ですが、チケット発売されることを信じて、私はじっと待っていようと思います。

スポンサーリンク

motoGP日本グランプリ、観戦におすすめな席は?

毎年motoGPに行かれてる方には、おなじみですが、5月~6月はそわそわしますね。

なぜかというと

チケット発売時期

だから(笑)



冒頭でも言いましたが、個人的におすすめしたいのが

V席(ビクトリースタンド席)

です。


ここでは、あえて個人的←とさせていただきます。

というのも、motoGPの観覧スタイルは、本当に様々なんです。

具体的に挙げてみると

・バーベキューしながら
・芝生に寝そべりながら
・応援席で一体感を味わいながら
・豪華なビュッフェを食べながら
・愛犬と一緒に
・キャンプしながら

などなど、観覧スタイルが様々なので、

自分に合ったスタイル

で席を選ぶのが、motoGP日本グランプリのスタイルになります。

今回、私がおすすめする「V席」ですが

・一体感が味わえる
・迫力ある場所
・レースを楽しむ

このような席になっています。

はじめてmotoGPを見に行く方でしたら、まず「V席」を選んでいただいても、損はないはずです。

ということで、ここからは「V席」のおすすめな点をまとめていこうと思います。




motoGP日本グランプリで「V席」をおすすめする理由

まずは、V席がどのあたりかを見て行こうと思います。

この辺りが、V席ですね。

メインスタンドとは別に、motoGP用に、仮設で作られた観戦席となっています。



なぜ私がV席をおすすめするのか、なのですが、2つの理由があります。

・時間が節約できること
・レースの感動を味わえること

この2点です。

順番にまとめていこうと思います。


時間が節約できる

サーキットに行くと、びっくりするのが

敷地の大きさ

です。

駐車場から、入り口にたどり着くだけでも、かなりの距離がありますし、対角の場所に行こうものなら、サバイバルとなります。

なので、サーキットって本当に、何をするにも時間がかかります。


でも、V席なら

メインスタンドに近い

ということで、かなり色々な恩恵がありますので、その辺をまとめてみたいと思います。



イベントブースが豊富

このようなサーキットでは、メインスタンド付近で

イベントブース

がたくさん出店されます。

モンスターエナジーのブースで無料でもらったエナジードリンク


それがまた、かなり楽しいお祭りのような雰囲気で、暇つぶしにも使えるイベントが盛りだくさん。

時間指定で、くじ引きやじゃんけん大会なども開催されるので、時間にけっこうシビアです。


でもV席だとアクセスしやすく、全く苦じゃありませんので、そういった点でもおすすめです。



飲食が充実

イベントブースにも、たくさん屋台が出ているのですが、なんとV席のすぐ裏に

ホスピタリティガーデン

という、飲食や休憩のできるスペースがあるんです。



おしゃれなお店なども多く、めちゃくちゃ楽しめます!

こんなおしゃれなクラフトビールのお店なんかもあります。


ちなみにめちゃくちゃ美味しかったです(笑)


どこを探しても休憩スペースが埋まっている、なんてことは当たり前ですが、ホスピタリティガーデンだけは、座ることができたり。

なかなか快適な空間です。


観覧中に飲み物が足りなくなっても、数分で買いに行けるので、そういった点でもV席はおすすめです。



遊園地へのアクセスがラク

観戦チケットには、遊園地(もびパーク)のフリーパスがついてきます。

お子さんがいる方は、行く機会も多いかと思いますが、サーキットをお子さんを連れて歩くのは、相当大変かと思います。

V席は、すぐにアクセスできるので、そういった点でもおすすめかと思います。



私も、毎年「今年こそは遊園地も!」とはりきるんですが、レース観戦やイベントが忙しくて、いまだに行けていません。





パドックへのアクセスがラク

motoGP日本グランプリは、別でチケットを購入すれば

パドック

へも行けちゃいます。


パドックの入り口があるのも、メインスタンドの方なので、パドックパスを購入するのであれば、なおさらV席は、アクセスがラクなのでおすすめです。

ジャックミラー氏と私




レース見て、イベント行って、パドック行って・・・とかなり忙しいので、アクティブに行動する方にとっては、V席はかなり時間短縮ができますよ。




トイレが混雑しにくい

プラクティスの日や、予選の日は、どのトイレもさほど混まないんですが

決勝日のトイレ

に関しては、覚悟が必要です。

さすがに、まったく並ばないで入れることはないのですが、V席近辺は、トイレの数がかなり多いので

それほど混雑しない

という印象です。


場所によっては、かなり行列ができているトイレもあるので、そういった点でも、時間を節約できますよ。


観戦しながらビールを飲んだりしたら、行きたくなりますもんね。




レースの感動が味わえる

V席の魅力は、なんといっても

レースを存分に味わえる

ということではないでしょうか。

マニア向けと言ったらそうなのかもしれません。ですが、

世界最高峰の二輪レース

ですからね。

そこは大いに楽しんでほしいなぁと、思っています。




コースと席が近い

V席は、冒頭でもお話ししましたが

motoGP用に作られた仮設スタンド

となっています。


いわゆる

コースの近くにわざと設置した席

なんですよね。

直線に設置してある席なので、300キロ越えで走るバイクを、間近で見ることができるんです。

ぜひ

・音
・臭い
・迫力

これを、生で感じていただきたい。

思い出しても、鳥肌が立つくらい、感動しますよ。




スタートとゴールが見れる

V席は

スタートとゴール

を見ることができるのも、魅力のひとつです。


V席から見た、スタートの様子
(縦で見にくいですが)


とくに、スタートした直後の1コーナーの飛び込みは

圧巻
ですよ。


V席の場所によっては、スターティンググリッドについている選手も見ることができますので、お得感満載ですよね。




ピットが見える

F1のように、こまめにピットに入ることはあまりないのですが、それでもピットが見えるのは

最高のおまけ

といった感じです。

とくに、予選の日なんかはピットの出入りも激しいですし、なかなか面白いです。




チケットがかっこいい

V席のチケットは、他のチケットと違って、少し特別です。


このように、プラスチックのチケットになっています。

プラスチックだとボロボロになたりしないので、保管するのにも最適ですよね。

なにより

かっこいい!

プラスチックなので、雨で濡れても、全然平気なので、かなり便利です!


応援席だと、その選手が印刷されたチケットがもらえます。

ほかのV席は、10種類くらいある中からランダムにチケットがもらえますよ。




セレブレーションアリーナ

ヨーロッパでは定番の

セレブレーションアリーナ


これは、レース終了後に、ファンがコース上に出れて、なおかつ表彰式を一緒に祝福するというもの。



こちらはその時の動画。

こんな感じで、間近で表彰式が見れちゃいます。


2019年に日本で初開催したばかりなので、もしかしたら、まだそれほど認知されていなかったかもしれませんが、ヨーロッパほど混雑していなかったかも?



そして、このセレブレーションアリーナに参加できるのは、全員ではありません。

V席チケット
VIPスイート
VIPテラスプレミアム
パドックパス

対象者は、上記のチケットを持っている人だけです。(2020年現在)

ここにV席が入ってるのが嬉しいですよね。




motoGP日本グランプリで「V席」に向かない人

V席推しの私ですが、必ずしも全員におすすめするかと言ったら、そうではありません。

のんびり観戦したい人

motoGP日本グランプリは、色んな楽しみ方ができるように、様々な席を用意しています。

これまで、V席の魅力をお伝えしてきましたが、V席はどちらかというと

アクティブ

に活動する方向きかな?と思います。


なので

・バーベキューしながら
(SORAサイト)

・芝生に寝そべりながら
(自由席)

・豪華なビュッフェを食べながら
(VIPテラス)

・愛犬と一緒に
(SORAサイト)

・キャンプしながら 
(コースサイドキャンプステイ)

上記のように、のんびりと観戦したい方や、ファミリーで行く方、グループで観戦する方などは、V席以外の席の方が楽しめるかも?


V席みたいに、一体感を感じながらレースを見るのも良いですが、こんな風にのんびり楽しむのもいいですよね。

ちなみに、席の場所はこんな感じです。

出典:ツインリンクもてぎ


赤ちゃん連れの人

これね、本当にかわいそうなので、できればV席はやめてあげてほしいかな?と思うのが

赤ちゃん連れ

の方。

前回、V席で観戦していた時に、まだ0才~1才くらいの子を連れたご家族が観戦していたんですけど、赤ちゃん泣きじゃくっていました。

なぜかというと

V席はかなりの爆音

だから。


コースとの距離が近い分、他の席と比べても、かなり爆音です。

さらに、300キロ越えのストレートに設置してある席なので

爆音の中の爆音

なんです。

赤ちゃんは、本当にかわいそうでした。

親御さんにとっても、ゆっくり観戦できないのはツライと思います。



ということで、赤ちゃんがいるご家庭は

SORAサイト

がおすすめかな?と思います。

ドームテントシートなんかもあるので、赤ちゃんはテントの中で寝かせられますし、おむつ替えもテント内で出来ますよ。

爆音慣れしてる赤ちゃんなら、V席でも、大丈夫かも?(笑)



まとめ|motoGP日本グランプリ、レースの迫力を味わいたいなら「V席」最高です

ということで、

motoGP日本グランプリの「V席」

について、お話させていただきました。


一体感と迫力を味わうなら「V席」は、かなりおすすめです。



どのような観戦スタイルが、自分に合っているかで、様々な席を選ぶことができるのも、

moyoGP日本グランプリの魅力

です。

ぜひ、現地まで行って、迫力のあるレースを生で見ていただきたいなぁと思います。


ツインリンクもてぎで、渋滞回避したい方には、下記の記事に回避ルートを書いていますので、ご参考にしてみてください。


それでは、今回はこの辺で終わります。

一緒にmotoGPを楽しみましょうね。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました