暮らしのあれこれ

雑誌読み放題のサブスク「楽天マガジン」を解約しました


ぼんじょるの、しーまんです!


先日ブログでもご紹介した「楽天マガジン」を解約したので、お知らせしておきます。いや、でもね かなり読んでました。あんなに雑誌を読んだのは生まれて初めてかもしれません。

▶▶楽天マガジンなら、月額たった380円で読み放題!【バイク雑誌も読めますよ】


今回は、さらっと日記形式で「楽天マガジン」を解約した理由など、お話ししていこうと思います。


結論から先に言ってしまうと

しーまん
しーまん

個人的には、雑誌じゃなくて本のほうが読みたい!ってことに気づいたんですよね。それが、解約の決め手でした。


なので、本当に個人的な理由なんです。


スポンサーリンク

「楽天マガジン」を解約しました


というわけで「楽天マガジン」を解約しました。

冒頭でもお話ししましたが、雑誌よりも本のほうが読みたいものが多かったんです。


もともと、雑誌って買う習慣もなかったですし、読むときって美容院にいる時くらい。バイク雑誌も進んで買うことなんてなかったので、そんな人が急に雑誌を読み始めるなんてことはない訳です。


ですが、月額払っているので ここ最近はけっこう読んでましたよ。貧乏性といえば、それです(笑)


ふだん読まないような雑誌もたくさん読みましたし、誰かのスキャンダルなんかあれば、いち早く「文春」を開いてみたりしました。


それはそれで楽しかったです。

とはいえ、読みたいのは本だった

雑誌はたのしいんですけど、心の中では「読みたい本が10冊くらいあるのに、ここで雑誌読んでる時間 もったいなくないか?」なんて思っていたんですよ。

悪く言ったら、サブスクの闇を見た感じ(笑)


読み放題で安い!って思って契約しちゃうんですよね。読まないのに。


これがね、普段よく雑誌を読んでる方だったり、いつも必ず買う雑誌がある方なんかは、めっちゃお得な使い方ができると思うんです。

だけど私の場合は、本のほうが読みたかった・・・


「kindle unlimited」をお試しします



「楽天マガジン」は雑誌しか読むことができませんが、Amazonの「kindle unlimited」なら本も雑誌も読むことができます。

「楽天マガジン」よりは少しお高めの、月額980円。


ですが、雑誌だけでなく本も漫画も読むことができるってことを考えると、案外悪い金額じゃないと思うんです。

「kindle unlimited」は本読み放題のサブスク

kindle unlimited」について少し触れておくと、Amazonが提供している、本読み放題のサブスクです。

小説、ビジネス本、漫画、雑誌、洋書まであらゆるジャンルの本が、月額980円で読み放題。スマホはもちろん、タブレットやPCでも読むことができます。

▶▶ kindle unlimitedについて見てみる

スポンサーリンク



今なら30日間の無料体験、もしくは2か月299円の2か月プラン も選ぶことができるので、超お得に試すことができるのも魅力的な点ですよね。


せっかくなので299円で2か月体験してみようかな?と思っています。

▶▶ kindle unlimitedの無料体験はこちら





まとめ|読書は私の心のオアシス

今回は、「楽天マガジン」から「kindle unlimited」に乗り換えたという、個人的な内容で書いてきました。


雑誌をよく読む人にとっては「楽天マガジン」はめちゃくちゃ素晴らしいサブスクだと思います。しかし、普段からそれほど雑誌を読まない人は、いくら読み放題とはいえ、読むことはありません。

それは「kindle unlimited」に対しても言えることです。


ふだんから本を読まない人が、登録したところで読むことはないかもしれません。

ですが、本は心に安らぎを与えてくれたり、勇気づけてくれたり、挑戦する気持ちをくれたりと、人間にとってさまざまなメリットをもたらしてくれるものです。


これから本を読んでみようかな?習慣にしてみようかな?と思っている方は、まずは「kindle unlimited」の無料体験や、2か月299円のプランから始めてみるのも良いのではないでしょうか?

▶▶ kindle unlimited の無料体験を始める




それでは、今回はこの辺で終わりです。

以前、本を読む習慣をつけるにあたって「マナブの宿題」を始めました。
▶▶【#マナブの宿題】始めました「私がさいきんハマっている勉強です」



今では、本を読むことがすっかり習慣になっています。なので、ブログを書き終えたら今日も本を読んでから寝ようと思います。


それでは、ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました