YouTubeと動画制作

GoPro HERO8の互換性バッテリー|『TELESIN』が優秀すぎたのでレビューします


ぼんじょるの、しーまんです。


GoProを使ってると、身にしみて感じることがあります。そうです、バッテリーが全然もちません(笑)!ってこと。


なので、GoProを使うときは、必ず予備バッテリーが必要になってきます。ちなみに、私がいつも使っているバッテリーがこれ。

バリバリ中華の互換性バッテリーです。

実は互換性なのですが、かなり優秀すぎるバッテリーで超おすすめ。今のところデメリットが見つかっていません。購入して、2か月が過ぎたので、そんなところも含めて、感想などを書いていこうと思います。


ちなみに、互換性バッテリーなので、使用は自己責任でお願いしますね。



スポンサーリンク

GoProに予備バッテリーが必要な理由



GoProを購入すると、必ずバッテリーが1つ付属されてきます。ですが、その1つのバッテリーで録画できる時間というのが、大問題。


どれくらい大問題なのか説明しておくと、GoPro HERO8のバッテリーのもちは、だいたい下記のような感じです。

ビデオモード   時間 (分)
4K30 (4:3) 67 分
4K6047 分
4K3074 分
2.7K12045 分
2.7K60 (4:3)60 分
2.7K6070 分
1440p12065 分
1440p6077 分
1080p24050 分
1080p12050 分
1080p6081 分
出典:GoPro公式HPより


この表は、GoProの公式ホームページで出されているデータではありますが、うーん・・・実際はこんなにもちません(笑)

表を見てもわかるように、1つのバッテリー(フル充電)で撮影できる時間が、あまりにも短いですよね。


ちなみに、ふだん私が使っているモードが『1080p60』なので、表を見ると81分。

じゃあ、実際はどれくらいもつのか、というと60分~70分といったところです。

バイクで走行していることを考えると、あっという間にバッテリーが切れてしまうんですよ。

というわけで、予備バッテリーはGoProを使う上では、マストアイテムと言えます。

直接充電も可能です

いちいちバッテリーを変えるんじゃなくて、直接充電すればいいじゃん!

という声が聞こえてきそうなので、触れておくと、もちろん直接充電しながら撮影するのもアリです。
むしろ、できるならその方がいいんですよ。ラクだし。


ですが、直接充電にはデメリットもあります。

下記の画像で、そのデメリットがわかっていただけるかと思うのですが


バッテリーのふたを開けなければ、直接充電ができない仕組みになっています。GoProさん、恐ろしいですほんとに。

バイク走行で使用すると仮定して、直接充電しながら撮影って、ちょっとできないですよね。内部に埃や塵も入りそうだし、走行中バッテリーが抜けてしまいそう。

メディアモジュラーはすごい

でもやっぱり、直接充電でGoProを使いたい!って人には、『メディアモジュラー』がおすすめです。

メディアモジュラーをつけていれば、上の画像でもわかるように、直接充電することができますよ。

メディアモジュラーは、外部マイクもついているので、音質も少し良くなります。(だけど、そんなには変わらない)おしゃべり系モトブログをする方は、マイクも直接差すことができるので、かなりおすすめですよ。

以前、メディアモジュラーの記事も書いたので、興味のある方はこちらもどうぞ。
▶▶ メディアモジュラーを使用した、外付けマイクの設定方法



GoProの予備バッテリー「TELESIN」レビュー

充電器とバッテリーはこんな感じ。

実際手にしてみると、ちょっとだけ高級感があるので、なんだか得した気分にもなります。外観も素敵ですが、中身もかなり良かった!

「TELESIN」のメリット


実際に2か月使用してみて、良いなぁと思ったところが、

・ 充電機が蓋つき
・ 純性バッテリーも充電できる
・ type-Cで充電可能
・ バッテリーの容量が純正並
・「バッテリーに関する注意」が表示されない
・ 保護フィルム付き

このあたりです。



充電機が蓋つき

この「蓋つき」というのが、バイクで使用することを考えると、かなり良かったです。蓋がついていれば、どこででも充電が可能になります。


私の場合はバイクで使用するので、充電環境がすごく悪いんですよね。

シートバッグやタンクバッグで充電することが多いのですが、バイクがいくら傾いても、いくら揺れても、蓋のおかげでしっかり充電ができているのが、本当にうれしい点です。


最近では、レッグバッグで充電することもありますが、小さなレッグバッグでも、余裕で充電できちゃいます。

ちなみに使用しているレッグバッグはこれ。

気軽にツーリングを撮影するときには、もってこいの充電機です。

スポンサーリンク

純性バッテリーも充電できる

この充電器、なんと純正のバッテリーも充電できます!


これが、めちゃくちゃありがたい。ぶっちゃけ、撮影をしてる時っていちいち『これが純性バッテリーで、これがTELESINで~・・・』なんて考えていないんです。

なので、なくなったら充電・・・なくなったら充電・・・とできるのはめちゃくちゃありがたいです。

ATTENTION

TELESINの注意事項に、『TELESIN電池とGoProオリジナル電池を同時に充電されることを勧めません』とあります。TELESINはあくまで互換バッテリーなので、純正品とは多少なりとも違うということ。ですが、純正だけで充電するのであれば問題なしです!もし、TELESINと純正品を同時に充電するのであれば、そこは自己責任でお願いします。
ちなみに、同時充電を自己責任でしていますが、今のところ特に不具合は感じていません。)



USB Type-Cで充電可能

GoPro HERO8がtype-Cなので、同じケーブルが使えるというのもなかなか良かった点でした。

ちなみに、USB Type-Cとは、USBの次世代規格「USB 3.1」で制定された新しいコネクタ規格のことです。

メリットとしては、上下・左右の区別がない、シンメトリーな形をしているため、差し込みを間違えることがなく使用できる点です。


GoPro HERO8 もType-Cなので、コードをごちゃごちゃ持っていかなくても済みます。

充電速度も、思った以上に速いです。1時間半もあればフル充電できてしまうのは、私にとっては神的!



余談ですが、世の中のケーブルすべてをType-Cにしてほしいと願っている私にとっては、小さなことだけど大きなことです(笑)


バッテリーの容量が純正並

安い互換バッテリーを購入してしまうと、わりとバッテリーの容量が少なすぎる!なんてこともあるので、注意が必要です。

TELESINは、まじで純正並。

公式では、『1080Pのフォーマットは、約1.5時間連続使用可能』と書いてあるので、純正と大差はないです。

実際使用していても、さすがに90分は撮れませんでしたが、70分は撮影が可能です。

「バッテリーに関する注意」が表示されない

HERO8になってから表示されると話題の『バッテリーに関する注意』。

実際に表示されたことがないので、写真がないのですが、純正以外のバッテリーを使用していると、GoProの画面に表示されるものらしい。


ちなみに書いてある内容が下記。

バッテリーに関する注意

カメラのすべての機能を有効に
するには、HERO8 Black用GoPro
バッテリーを使用してください

なぜかわからないんですが、TELESINのバッテリーでこれが出ません。

互換バッテリーはTELESINしか使用したことがないので、ほかの互換バッテリーで表示されるかもわからないのですが、表示されてる人が案外多いです。


hypersmoothも問題なく使用できていますし、4Kも大丈夫でした。

ラッキーなのかもしれませんが、それだけ純正に近い商品なのかしら?とポジティブに思うようにしています。

おまけ付き

TELESINのバッテリーを購入すると、おまけが付いてきます。


こんなカメラケースもついてくるので、GoProを持ち運ぶときには、めっちゃいいですよね。

保護フィルムもついてくるので、レンズに傷がつくのも防げます。

かゆいところに手が届く「おまけ」なので、嬉しいですよね。


「TELESIN」のデメリット

私が使用していて感じたデメリットは、特になかったのですが、しいて言うのであれば「バッテリーが単体で売ってない」こと。


HERO7用までは、どうやら単体で売ってるみたいなんですが、Amazonを探してみてもHERO8用は見つけられませんでした。


バッテリー2個セットはあるのですが、充電器もまた付いてきちゃうみたい。


これなら3つセットを買った方が、お買い得な感じがしますよね。



まとめ|GoPro HERO8の互換性バッテリーは「TELESIN」が優秀


こんな感じで、GoPro互換性バッテリー「TELESIN」を紹介してみました。

もちろん、裕福な方はGoProの純正品をお買い上げいただきたいのですが、自己責任で互換性バッテリーを使いたい!という方には「TELESIN」は使いやすくて本当におすすめです。


見た目の高級感も素敵なのですが、本当に中身も素晴らしいです。


2か月使用してみても、いまだに不具合はありませんし、耐久性も問題ありません。もちろん、バッテリーが弱ってきたという感じもとくにないので、GoProを使用している方はぜひチェックしてみてくださいね!



購入から半年経過したので、再度検証しています!
興味のある方はこちらの記事もどうぞ。




というわけで、今回は終わりです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました