バイクのコト

「コミネ COOL MAX」レビュー&インナーグローブのすすめ【快適です】

スポンサーリンク

ぼんじょるの!しーまんです。

今回は

インナーグローブ

について、お話していこうと思います。


しーまん
しーまん

インナーグローブがないと、グローブをしたくないほどトリコになってしまったのは、この私です。



ここまでインナーグローブ大好き人間になった1番の理由、それは

清潔だから


ということで、今日はインナーグローブについて、存分に語らせていただこうと思います。

POINT

・インナーグローブをしたことない
・洗えないグローブを使用している
・汗をかきやすい
・冬にかじかんで操作しにくい

そんな方には、是非インナーグローブを使っていただきたい。


この記事が、インナーグローブの入り口になってくれると、とても嬉しいです。

スポンサーリンク

インナーグローブをおすすめする理由

私がインナーグローブをおすすめする、最大の理由は、冒頭でも言いましたが

清潔だから

です。


今回は、私が使っているインナーグローブを紹介しつつ、インナーグローブの魅力をお話していこうと思っています。


「コミネ COOL MAX」を愛用しています

まず、私が長年愛用している、インナーグローブが、こちら


コミネ COOL MAX インナーグローブ」です。


こちらの商品は、夏用なのですが、私は「春・夏・秋」の3シーズン使っています。

ちなみになんですが、どのように使用するものか、一応説明させていただくと

このように、グローブの下にさらに、このグローブをするイメージです。


インナーグローブがあれば グローブが洗えなくても「清潔」

皆さん、突然ですが

グローブって洗ってますか?


私は、ほぼ洗いません。

というか、グローブって洗うと型崩れしてしまったり、革のグローブなんかは、そもそも洗えませんよね。

でも、バイクに乗っていると、夏はとくに蒸れて、手汗でベタベタのはず。

とにかくそれ、

めちゃくちゃ汚い・・・



そこで、おすすめなのが

インナーグローブ

なんです。

インナーグローブをしてからグローブをするだけで、汗が直接グローブにしみていきません。

そして、使うたびにお洗濯ができます!

汗をかく季節でも、かなり清潔ですよね。


インナーグローブの「機能性」

インナーグローブは、機能性にこだわって作られています。

とくに季節によって、違う効果の商品が多く、選べるのも魅力的な点です。

私が使用している「コミネ COOL MAX」は、名前の通り

超冷感

のタイプ。


これ、めちゃめちゃ冷たいです!なので、使用するなら、夏がおすすめ。

さらに、速乾性も抜群なので、どんなに汗をかいても、さらさらを保ってくれます。


意外と春や秋でも、まだまだ暑かったりする日も多いので、季節の変わり目なんかだと、冬グローブの中にこの「コミネ COOL MAX」を使用することも良くあります。



反対に、夏用もあれば、もちろん暖かさを考えた、冬用のインナーグローブもあります。


例えば、上の商品のように電熱タイプなんかもあるので、かじかんでバイク操作が大変な冬には最適ですよね。

このように、季節ごとにインナーグローブも変えていくと、どの季節も快適にバイクに乗ることができます。


インナーグローブは薄いタイプがおすすめ

私がインナーグローブを使用して、使いやすかったものは、

薄いタイプ

でした。
薄いタイプは超おすすめです

薄い作りのものだと、どのグローブにもフィットしますし、厚手の物より操作しやすいと感じました。

とくに女性は手が小さいので、薄いタイプのほうがクラッチ操作などに影響は少ないと思います。


私が愛用している「コミネ COOL MAX」はその点においても、最高に薄い作りです。

この上からグローブをはめても、全く違和感がなく、ものすごく快適です。

また、サイズも豊富ですので、どんな方にも合うサイズが手に入るのも嬉しい点だと思います。



機能的インナーグローブの紹介

各メーカーから、様々なタイプのインナーグローブが出ていますので、ここで少しどのようなものがあるのか、紹介していこうと思います。

RSタイチ(アールエスタイチ) 

[夏用] クールライド インナーグローブ RST127


[冬用] サーモトロン インナーグローブ RST124


GOLDWIN(ゴールドウイン)

 [夏用] マキシフレッシュプラス インナーグローブ


[冬用] ウインドブロックインナーグローブ


このように、メーカーによってさまざま個性がありますので、色々試してみるのも良いと思います。



インナーグローブは、どちらかといえば「消耗品」です。

ワンシーズンしか持たないことも普通にあります。


こまめに洗濯

するので、すぐ傷むんですよね。


なので、いろんなタイプのものを試して、最終的に自分に合ったものをするのが、1番おすすめかな、と思います。



まとめ|インナーグローブで、さらに快適なバイクライフを

今回は

インナーグローブの快適さ

について書いてきました。

いままで、インナーグローブをしたことがなかった方や、手汗が気になっていた方には、ぜひ1度使ってみてほしい商品です。

手荒れの原因かもしれません

過去私は、ものすごく手荒れに悩まされていたんですが、インナーグローブを使用してから、かなり手荒れが改善されました。

もしかすると、

グローブの中の汚れ

が原因だったのかな?と少し感じています。

なかなかグローブを頻繁に洗うことができないので、インナーグローブは私の中では、ないと困る商品となっています。

清潔な状態でバイクに乗ることを考えると、本当におすすめです。

グローブの脱着がスムーズ

汗や手のべたつきで、なかなかグローブが外れない経験ありませんか?

インナーグローブをすると、グローブの脱着もスムーズにできます。


グローブがなかなか外れない状態で、ひっぱったり無理やり取ろうとすれば

グローブが傷む原因

にもなりかねません。


そんなとき、インナーグローブがあれば、グローブも傷ませず、スルリと取れるので、そういった点でもおすすめです。



これを機に、インナーグローブをしてみようと思っていただけたら、大変嬉しいです。


それでは今回はこの辺で終わります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました