暮らしのあれこれ

格安でコンパクトなのに高速!『ANKERのモバイルバッテリー』レビュー

ぼんじょるの、しーまんです。


この間突然、モバイルバッテリーが故障しました。
そこで購入したのが、「ANKER モバイルバッテリー10000mAh」



スマホだけでなく、ありとあらゆるものを充電する私にとって、モバイルバッテリーは生活の一部です。このモバイルバッテリーは、控えめに言ってもかなり良かったので、今回レビューをしてみようと思います。


コンセント一体型モバイルバッテリーも購入しました


先日、コンセント一体型モバイルバッテリー
Anker PowerCore Fusion 5000 を購入しました。

こっちのバッテリーもかなり便利な神アイテム。
興味のある方は是非こちらもどうぞ。


スポンサーリンク

ANKER モバイルバッテリーを購入


冒頭でもお話ししましたが、突然モバイルバッテリーが壊れました。

モバイルバッテリーを持ち歩くことが、すでに生活の一部(お財布を持ち歩くみたいな感じ)になっているので、すぐに購入を決意!

いざAmazonに行ってみると、あまりの中華製モバイルバッテリーの多さに驚愕してしまいました。


ANKERのモバイルバッテリーを買った理由


モバイルバッテリーを購入するにあたって、私が譲れなかったことが

・高速充電
・軽量
・コンパクト
・複数回充電が可能
・すぐ壊れない


というところ。


上記を満たすもので絞ると、20000mAh 以上のバッテリーが多く出てきます。ですが、20000mAh ともなると『軽量・コンパクト』に関しては無視されてしまうので、そこが問題でした。


上記を満たしているとしても、よくわからない中華製を買ってしまうのも、『すぐ壊れない』という点でかなり不安です。


ANKERは信頼できる中華製


中華製と聞くと「安かろう・悪かろう」のイメージが定着していますが、このANKERは元Googleエンジニアの方が創業しており、信頼を得るためにすべての商品レビューに目を通すなどして、日本の消費者からも一目置かれるようになった中国メーカーと言えます。



ということで、値段も安価で信頼性の高いANKERを使用してみようと決めました。



10000mAhか、20000mAhか


ここで、悩んだのが10000mAhが良いのか、20000mAhが良いのかというところです。

私が普段モバイルバッテリーを使用する環境を考えると、どちらも一長一短かな?と思えてきて、随分悩みました。



下記が私の主な使用環境です。

〈主に充電するもの〉
・スマートフォン
・GoProバッテリー
・一眼レフ
・バイク用インカム


〈使用環境〉
・バイク乗車時
・Vlog撮影時
・長時間の移動


バイクに乗るときや、長時間の移動を考えると「軽量・コンパクト」は私の中でマストかな?と思いました。



20000mAhを見てみると


2台同時に充電できることや、iPhone11 / 11 Proを4回以上充電できること を考えると、私のように複数のガジェットを充電するのであれば、とても魅力的ですし、20000mAhがベストかな?と思います。


ですが

サイズ:約158 x 74 x 19 mm
重量:約343g


このサイズ感を見てしまうと、バイクで移動したり長時間の移動では、個人的な意見として「大きすぎるな・・・」と感じてしまいましたね。


ということで、10000mAhに軍配です。



使用してみて、やっぱり容量的に足りないと感じたら買い替えようと思いました。


ちなみに、下記が10000mAhのスペック。

サイズ 約92 x 60 x 22mm
重さ  約180g
出力 5V = 2.4A
入力 5V = 2A




ANKER モバイルバッテリー 10000mAhを使ってみて


購入して、ちょうど2週間が経過しました。

使ってみた感想、メリットデメリットを個人的主観から書いていこうと思います。



とにかく軽量でコンパクト


私の中で、最重要項目だった軽量設計ですが、ANKER 10000mAhは、思っていたよりも小さく、持ち運びにはものすごく適しています。


女性の小さなバッグでもかさばりませんし、バイクに乗るときのレッグバッグに入れても全く邪魔しません。


持ち物をなるべく軽くしたい方には、ぜひ選んでいただきたいくらい軽量です。


高速充電がすごい


こんなに軽量でコンパクトなのに、充電の速度のパワフルさにはなかなかびっくりさせられました。

というのも、Anker独自技術「PowerIQ・VoltageBoost」というものを使用しているとのこと。このPowerIQは機器に適した最大速度の充電が可能らしい!

というわけで、iPhoneを充電する際はiPhoneに、GoProを充電する際はGoProに適した最大速度の充電をしてくれる、めちゃくちゃ頭のいい機能を搭載しているというわけです。

IQのマークが PowerIQ の証明

憶測ですが、高速充電の代わりにすぐモバイルバッテリーの充電がなくなるんじゃないかな?と想像していましたが、そんなことは全くありませんでした。


私はiPhone 11 proを使用していますが、2回は余裕で充電できます。3回のフル充電はまだ試していませんが、2回充電できれば私には十分かな?と思います。


ちなみに、Vlog撮影でバッテリーなどを充電しながら1日バイクの旅に出ても、モバイルバッテリーの充電がなくなることはなかったです。


安い


冒頭でも言いましたが、中華製の「安かろう、悪かろう」のイメージがあるので、安いだけのものはどうかと思いますが、ここまで読んでくださった方は、ANKERの性能の良さはもうわかってくださっているかと思います。


ということで、このバッテリーのお値段、なんと

2779円!!!


「高速充電ができて、軽くて小さい」という最高のスペックにもかかわらず、このお値段は、正直びっくりしました。




デメリット


使用してみて、うーんと思うこともあったので書いていこうと思います。


1ポートしかない


いままで使用していたバッテリーが2ポートあるものだったので、1ポートしかないのは少し不便でした。


というのも、私の場合はGoProのバッテリーを充電したり、一眼レフを充電したり、もちろんスマホも充電したいので、一気にできればもっとありがたい。


ですが、かなりの高速充電なので、すぐに充電が終わると考えれば補える短所かと思います。



まとめ|ANKER モバイルバッテリーは持ち運ぶには最適!


まぁモバイルバッテリーなので、当たり前のことなんですが

持ち運びに最適 なものを使いたいですよね?




ANKER モバイルバッテリー10000mAhは

・180gの軽量
・クレカサイズのコンパクトさ
・高速充電
・3000円以下の低価格
・信頼のANKER


さすがにコンパクト設計のため2ポートというわけにはいきませんが、それを補えるほどの高速充電です。

それなのに3000円以下なので、かなりのコストパフォーマンスと言えます。



持ち運ぶものだからこそ、小さくてパワフルなものを選びたいですよね!



私は、ANKERのモバイルバッテリーを購入してから、モバイルバッテリーを持ち歩くストレスがなくなりました。

それくらい軽量でコンパクトです。




という感じで、今日は終わりにしようと思います。


最後までご覧いただきありがとうございました!
ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました