バイクの楽しみ方愛用アイテム

iPhoneのカメラが壊れない!『クアッドロック』のスマホマウントに変えて2か月が経ちました


ぼんじょるの、しーまんです。

ということで、バイクのスマホマウントをクアッドロックに変更して、ちょうど2か月が経過しました。

今のところ、私のiPhoneは壊れていません(笑)
それだけでも、個人的には購入して大満足!

ちょうど使用して2か月が経ちましたので、この記事では

クアッドロックのスマホマウントを2か月使用した感想

などを、簡単に書いていこうと思います。


スポンサーリンク

クアッドロックのスマホマウントとは?


クアッドロックは、2012年にオーストラリアで誕生したスマホマウントです。

アクティブなライフスタイルの方のためのスマートフォンマウント】を掲げ、当時はたった2人のデザイナーによりクラウドファンディングで始まりました。

quadlockjapan.com/



ライフスタイルに合わせたマウントが選べる


クアッドロックの最大の特徴は、様々なライフスタイルに合わせたマウントができることです。

出典:クアッドロックHPより加工して引用
  • 自動車
  • ゴルフ
  • バイク
  • 自転車
  • ランニング

など、アクティブな動きに柔軟に対応したスマホマウントを実現しています。



クアッドロックのスマホマウントに変えた理由


私がクアッドロックのスマホマウントに変えた最大の理由は
他のスマホマウントだとiPhoneのカメラが壊れるから

他のマウントだったときは
こんな感じでiPhoneのカメラがヤバいことに!



Appleからの公式発表


先日2021年9月10日付で、Appleより公式にリリースがありました。


きっと、世界中のライダーからこのような報告があったんだと思われます。

ちなみに私が修理に出したのは2021年の5月。まだAppleから公式な発表はなされていない時期でしたが、Appleさんからも「バイクにつけて走られている方に、同じような症状が出てるんですよねー」というお話を聞きました。

私の場合は公式発表の前だったためAppleCareで修理することができましたが、今は公式に発表されているため、バイクにマウントして壊してしまうと【故意に壊した】ということで、AppleCareなどが使えなくなるということも十分考えられます。


クアッドロックはiPhoneを壊さない


クアッドロックはこのiPhone壊れる問題を何年も前から認識していたらしく、iPhoneを壊さないために「衝撃吸収ダンパー」というものを開発していました。

それがこれ。

クアッドロック(QUAD LOCK) QLA-VDM Vibration Dampener 衝撃吸収ダンパー
クアッドロック(QUAD LOCK)
¥3,080(2021/11/28 15:38時点)


この衝撃吸収ダンパーをマウントとスマホの間に設置すれば、バイクの衝撃をこのダンパーが吸収しスマホを壊れにくくしてくれます。

使用して2か月経過しましたが、いまのところ私のiPhoneは壊れていません!

DUCATIは他のバイクよりも振動が激しめなので、ちょっと心配はしていましたが、心配ご無用だったようです。


クアッドロックのスマホマウントに必要なもの


普通のスマホマウントは、スマホホルダーさえ購入すればすぐ使用することができます。

こんな感じのやつ。


ですがクアッドロックをマウントするには
いくつかの工程とモノが必要となります。

各種マウント


まずは各種マウントです。

バイクの場合は

などがあります。

今回私がDUCATIに使用したのは「ハンドルバーマウントです」


ハンドルバーにつけるタイプのものなので
セパハンなどのバイクでなければ取り付けることが可能ですよ。

スマートフォンホルダー


他のスマホマウントと違う点は、スマホホルダーが必要となる点です。

強力なポリカーボネートでできており、様々なアクティビティの衝撃からスマホを守ってくれるとのことなので、私は普段からこのケースを使用したまま生活しています。

また、デザインもシンプルなので日常生活でも全く浮かないのも嬉しいポイント!

さらにワイヤレス充電や電子マネーにも対応しているため、ケースをつけたままでも充電/電子マネー利用が可能です。

普段よくスマホを落下させがちなので、長年iFaceのスマホケースを使用していました。ですが、クアッドロックのケースもかなり丈夫なので、今はクアッドロックを愛用しています。



衝撃吸収ダンパー


各種マウント+スマホホルダーがあればとりあえず使用可能となります。

が!冒頭から熱く語っているとおり、バイクの場合は振動でiPhoneが壊れてしまう可能性が大いにあります。

iPhoneを壊さず使用するならば、やはり「衝撃吸収ダンパー」を付けない選択肢はありません。

クアッドロック(QUAD LOCK) QLA-VDM Vibration Dampener 衝撃吸収ダンパー
クアッドロック(QUAD LOCK)
¥3,080(2021/11/28 15:38時点)

先日、リトルカブ用にもクアッドロックのマウントを購入したのですが、原付とはいえ一応ダンパーも購入することにしました。

DUCATIやハーレーなどの衝撃であればダンパーはマストかもしれませんが、原付はぶっちゃけどうなんでしょう?


ワイヤレス充電


防塵防水タイプのワイヤレス充電も設置が可能です。

これがあればナビの充電も気にせず使用できますよね。

高価なので私はまだ導入していませんが
近いうちに欲しい…(笑)



クアッドロックを2か月使用した感想

ここからは、実際にクアッドロックを2か月使用して感じたことなどを書いていこうと思います。


良い点


私が感じた良い点はこんな感じ。

  • iPhoneが壊れない
  • 脱着が簡単
  • シンプルなデザイン

iPhoneが壊れてしまうため、壊れないスマホマウントを探していたときにたどり着いたのがクアッドロックでした。

なので、iPhoneが壊れないという点で
私の顧客満足度は最高なのです(笑)

もちろん2か月たった今でもiPhoneは壊れることなく作動しています。

バイクで走行していると、スマホがぶるぶる震えるので最初は落ちるんじゃないか?と心配になりましたが、これがダンパーの役目。

がっしりホールドしてしまうと壊れる原因になってしまうため、どうやら衝撃を吸収すべくぶるぶる震えている感じ。

また、脱着もストレスなく行うことができるのも魅力的でした。

日頃からスマホケースを付けたままにしているので、さっと乗りたいときにマウントできるのもいいですよね。

シンプルなデザインなので、バイクのコックピットもスッキリさせることができました。


残念な点


私が感じた残念な点はこれ。
値段が高い!

普通のスマホホルダーであれば4000円程で手に入れることができますが、クアッドロックは総額1万円くらいします。

ワイヤレス充電を付けてしまえば総額2万円…。

iPhoneが壊れないためにクアッドロックにしていますが、iPhoneじゃなかったら果たして私は購入したのでしょうか?(笑)

ですが、iPhoneが壊れないのであればこの値段もやむなしなのかもしれません。


また、スマホケースにこだわりのある方には不便かな?と感じます。バイクに乗るときだけ、ケースを変えなきゃいけないのは、ちょっと面倒くさいかも。




まとめ|クアッドロックのスマホマウントはiPhoneを壊さない

今回の記事では

クアッドロックのスマホマウントを2か月使用した感想

などを書いてみました。

iPhoneは本当に壊れません!

もしiPhoneが壊れるのが心配で、スマホのマウントをあきらめている方がいましたら、ぜひクアッドロックを使ってみてください。

少し高いですがワイヤレス充電もセットすることができるので、ロングツーリングなどでも安心してマウントできますよ。



ということで、今回はこの辺で終わりです。

最後までご覧いただきありがとうございました!ちゃお~

スポンサーリンク
seamanizm
タイトルとURLをコピーしました